ライティングスキルの習得

関西学院大学は2020年4月にライティングセンターを設置しました。「ライティング科目の運営」と「対面指導」という2つのアプローチから、学生の「書く力」を養成し、論理的思考力や表現能力を身に付けた「自立した書き手」を育成しています。

ライティングセンター

提供プログラム

2020年4月より、学部生を対象とした科目と大学院生を対象とした科目をそれぞれ開講しています。
これらの授業では、リポートや論文を執筆する際の基本的な構造・ルールを理解できます。また、実際に情報を収集しながら文章を執筆する実践的な活動を通して、リポートや論文の執筆に必要な技能を習得できます。さらに、学生が作成したリポートに対して、担当教員が何度もフィードバックをおこなうのも大きな特徴の1つです。

大学生(学部)向け科目

科目名「スタディスキルセミナー(リポート執筆の基礎)」
大学でリポート課題に取り組むことに対して不安を抱えている学部生や、リポートの書き方を体系的に学びたい学部生を対象とした科目です。主な対象者は1年生ですが、2年生以上の受講も可能です。
本科目では、「文章を書き、教員による添削や受講生同士での相互評価の内容を参考に、書いた文章を修正する」、という実習形式の活動を繰り返します。これにより、大学や社会で求められる基本的なライティングスキル・論理的思考力の習得を目指します。

科目名「論文執筆のためのアカデミックライティング」

「論文執筆のためのアカデミックライティング」
大学院に入学してこれから論文を執筆する大学院生や、論文の書き方について改めて学び直したい大学院生を対象とした科目です。
本科目では、論文を執筆する際に必要となる、基礎的な知識・技能を習得することに重点を置いています。特に、受講生同士で相互評価・相互支援をする「ピアレビュー」を取り入れているため、院生同士での教え合い・学び合いができることが特徴です。
さらに、ライティングセンターで教育指導員(大学院生が学部生のリポート等ライティング課題の執筆の支援をおこなう)をしたいと考えている場合は、本科目の履修を推奨しています。

対面指導

ライティングセンター

授業のリポート課題や卒業論文など、アカデミックな文章を書くことで悩んだり困ったりしたときは、ライティングセンター専属のスタッフや教育指導員(本学大学院生)から1対1でアドバイスを受けることができます。相談は1回あたり45分(予約制)です。
どうすれば書き手の考えが的確に伝わってわかりやすい文章になるかを、書き手自身が気づいて修正できるよう、対話を通じた支援をおこないます。


※新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、4月下旬~当面の間、対面指導からオンライン指導に切り替えて、指導予約を受け付けています。