文学研究科

文学研究科 Graduate School of Humanities

12領域の多彩な専門分野から、
高度な研究を通じて“知”の世界を探求する

関西学院大学大学院文学研究科は、現在の大学院制度が発足した1950年にいちはやく修士課程(現・博士課程前期課程)をスタートさせ、1954年には博士課程(現・博士課程後期課程)を開設、以来多くの研究者や専門家を世に送り出しています。
文学研究科は、人文科学領域で世界の高度な学問の進展に応じた研究を推進し、その成果を学界、教育界、一般社会に還元することを目的にしています。12の学術領域においてその発展に寄与する専門的研究者、高い専門性を活かして実社会のさまざまな舞台で活躍することができる高度専門職業人、知識基盤社会を支える高度で知的な素養のある人材を育成することを目指しています。

文学研究科での学び

文化歴史学専攻

哲学倫理学領域
西洋哲学史の研究
現代における哲学的課題への挑戦
美学芸術学領域
人間と美や芸術との関わり
地理学地域文化学領域
文化・社会・生態などを対象にした研究
日本史学領域
歴史書・記録(日記類)・文書・ 絵画などの非文献資料の研究
アジア史学領域
東アジアから西アジアまでの広い地域の歴史に関する専門的知識と研究能力を養う
西洋史学領域
古代地中海世界から現代のヨーロッパやアメリカにいたる西洋文明の及んだ地域の歴史

総合心理科学専攻

心理科学領域
人や動物を対象に心的活動と行動のメカニズムを明らかにし、実践のパースペクティブをもつ
学校教育学領域
教育現場におけるさまざまな問題への対応方法

文学言語学専攻

日本文学日本語学領域
中古・中世・近世・近現代の日本文学作品研究、日本語学研究
英米文学英語学領域
イギリス文学・アメリカ文学・英語学
フランス文学フランス語学領域
フランス文学・語学についての高度な専門的知識と研究方法
ドイツ文学ドイツ語学領域
18世紀から現代までのドイツ語圏諸国の文学、思想、芸術、文化

特色

  1. それぞれの専攻・分野ごとに、研究演習・特殊講義・文献研究などの授業を設置。他専攻・分野の授業科目を受講することも可能です。
  2. 大学院生の研究意欲を高めるとともに、高水準の研究成果の公表を促すため、学会発表・ポスター発表に伴い発生する費用を支援(上限あり)。
  3. 専攻・分野別に共同研究室を設置。研究資料や文献、各種調査研究機器を完備しており、大学院生の円滑な研究活動を支えています。
  4. 関西学院大学大学院の他研究科、関西大学、同志社大学、立命館大学などの他大学の科目履修のほか、交換留学などの道も開かれています。

担当教員・カリキュラムなど

理念・目的・教育目標/ポリシー


 

Topバナー