人間福祉研究科

人間福祉研究科Graduate School of Human Welfare Studies

「福祉」にもっとイノベイティブな視点を
広く、深く、人と社会を探究する

少子高齢化やグローバル化が進む日本社会では、虐待、暴力、犯罪被害者、外国人コミュニティなどの社会問題、医療や介護、障害に関わる人と地域への支援や政策上の課題、生命倫理や健康問題など、多様な課題に直面しています。人間福祉研究科は、これら人間と社会(環境)の中で生じたさまざまな問題に対応するために幅広い教育と研究を進めています。社会福祉学を中心に据えながら、社会学、経済学、体育学などの幅広い学問領域を応用。社会福祉の方法論だけでなく、理論や歴史、思想、哲学、価値などの原理論、社会福祉政策、行財政(国、地方)、福祉国家論、国際福祉の分野までを研究。より高度な専門性を持つ実践家や研究者の育成をめざしています。

人間福祉研究科での学び(博士課程前期課程カリキュラム)

拡大する

「人と社会(環境)の交互作用」における問題の専門的解決に関連する科目、福祉社会に関する専門的な理解に関わる科目、人間(こころと身体)に関する専門的な理解を深める科目を設置。
それぞれの分野で高度な学術知識の修得と研究を行います。

拡大する

入学後の早い段階で研究テーマを選定。教員が段階的に指導を行いながら研究に取り組み、修士論文の完成をめざします。

特色

  1. グローバル化などにより変化する価値観の中で、社会福祉学を基本に学際的にアプローチ。問題解決に向けた高い実践能力や実証研究能力を養成。
  2. 社会人にも門戸を開放しているため、仕事と学業を両立する大学院生が数多く在籍。一方、東アジアを中心に留学生も多数学んでいます。
  3. 多くの指導教員を擁し、これまで未整備だった福祉のマクロ領域における研究教育を充実させています。
  4. 人の生死、生命倫理、身体論、健康といった人間存在の本質に関わる課題を探求することで人間福祉をより深く追求します。

TOPICS

前期課程・後期課程での教育・研究方針

博士課程前期課程では、福祉社会の維持・発展に貢献する人材の育成を前提としたカリキュラムを整備しています。専門選択科目以外にも、必修科目として「研究演習」や「人間福祉文献研究(英語)」も開講することで、狭い専門領域にとらわれることなく幅広い学習が可能になっています。これらの学習によって高度な知識と専門的技法を身につけるとともに、その成果を修士論文としてまとめることができるように、教員が丁寧に指導を行います。

一方、博士課程後期課程では、研究テーマに即して指導教授を選び、その指導の下で研究活動を行います。国内外の文献研究や質的・量的なリサーチの実施だけでなく、学会での報告や研究論文の学術雑誌への投稿・掲載で成果を社会に発信することが奨励されます。これらの成果をまとめて博士論文を完成できるように論文指導を行います。なお、博士学位キャンディデート制を設けており、1年以内に博士論文を提出できると研究科から認められた者をキャンディデートとして承認します。