副専攻プログラム(学部を出て、他分野を学ぶ)

多様な学びを実現する独自の制度

【日本初】マルチプル・ディグリー制度(Multiple Degrees:MD)

国連ユースボランティア

最短4年で2つの学位を取得可能な画期的制度
マルチプル・ディグリー制度は、関西学院大学が日本で初めて開始した画期的な制度です。複数分野専攻制(MS)とこの制度を利用することにより、最短4年で2つの学位を取得する(2学部卒業)ことが可能です。高度化・複雑化した現代社会で求められる専門性に加えて、多面的な視野や知識に基づいた幅広い発想力を持つことが可能となります。

マルチプル・ディグリー制度についてPDFリンク


基本的な仕組み:この制度では、(1)A学部(社会・法・経済・商・人間福祉・国際学部が該当)に入学し科目履修する、(2)在学中にB学部(神・文・社会・法・経済・商・国際学部が該当)提供の複数分野専攻制に申し込み、B学部の科目履修を始める、(3)最短の4年で2つの学部を卒業する場合は、A学部を3年生で早期卒業し、B学部の4年生に編入学し、B学部の卒業をめざす、という手順で学びます。
*神・文・教育学部の入学生は早期卒業制度がないため、4年間で卒業したのちに、B学部の4年生に編入し、5年で2つの学位を取得します。
 

マルチプル・ディグリー制度


複数分野専攻制(Multidisciplinary Studies:MS)

複数分野専攻制

自学部の学習と並行して他学部の専攻分野を体系的に履修
複数分野専攻制は、単なる他学部履修ではなく、入学した学部の専門分野に加え、他学部・センターが提供する体系的な専攻プログラムを履修できる制度です。プログラムの履修により、学部の領域にとらわれない多角的な視野と幅広い専門性を身につけることができます。総合政策学部・理学部・工学部・生命環境学部・建築学部以外の学生を対象とした「副専攻プログラム」、すべての学部生を対象とした「特別プログラム」があります。

副専攻プログラムPDFリンク

国連・外交プログラム <全学部生対象>関連ページへのリンク

他学部履修

学部・学科の垣根を越えた学び

従来から所属学部以外の学部で開講されている科目を自由に履修できる他学部履修を行っています。
幅広い視野や柔軟な思考力を育むことを目的にしています。