学生団体の紹介 [宗教センター]

[ 編集者:宗教センター   2018年5月1日 更新  ]

チャペルオルガニスト

オルガニスト

関西学院では、大学11学部、大学院、ランバス記念礼拝堂などでチャペルアワーが持たれており、チャペルオルガニストとはこのチャペルや式典でオルガン奏楽の奉仕をするオルガニストのことです。

聖歌隊、ハンドベルクワイア、バロックアンサンブル、ゴスペルクワイア、KSC聖歌隊、聖和キャンパス聖歌隊と同様、宗教音楽委員会のもとで活動を行っています。宗教音楽委員会は毎年春にオーディションを行いオルガニストを募集します。採用された方は、上ケ原キャンパスと神戸三田キャンパスのランバス記念礼拝堂のオルガンで専門のオルガン講師のレッスン(月2回)とそのための個人練習をベースに、研修会(年2回)および発表会等に参加することで、チャペルオルガニストとしての自覚と責任のもと、2年目より技術を鑑みて学部チャペルへ派遣されます。

学生オルガニストを募集しています。別ウィンドウで表示

関西学院聖歌隊

関西学院聖歌隊

関西学院聖歌隊

関西学院聖歌隊はキリスト教主義を建学の精神とする学院の教育活動に、宗教音楽を通して奉仕することを志し、1951年、長井斉、田中彰寛両先生を中心に、教職員、学生が一体となって結成されました。

現在は関西学院大学の学生が中心となり、学院、大学の式典やチャペルアワーでの奉仕、クリスマス音楽礼拝、全国各地への演奏旅行、恒例のコラール・アーベントなど様々な活動を続けています。

メンバーはクリスチャンに限ることなく、入隊の動機も様々で、それぞれが自由な立場で「キリスト教」に触れ、考えることのできる場ともなっています。また、奉仕することによって、スクールモットーである"Mastery for Service"の体得を目指し、隊員一人一人が真の人間として豊かに成長することを願って、日々励んでいます。関西学院聖歌隊は2001年、創立50周年を迎えました。

※ 聖歌隊のホームページはこちら。

関西学院聖歌隊外部のサイトへリンク

関西学院ハンドベルクワイア

関西学院ハンドベルクワイア

関西学院ハンドベルクワイア

1986年11月に、学院の宗教音楽活動の一環として創設されました。

主な活動としては、学内各学部チャペルや、クリスマス音楽礼拝での演奏奉仕、その他教会や施設の訪問も行っています。また、毎年開催される関西ハンドベルフェスティバルや全国ハンドベルフェスティバルにも積極的に参加しています。

日本ハンドベル連盟登録団体。

※ 関西学院ハンドベルクワイアのホームページはこちら。

関西学院ハンドベルクワイア外部のサイトへリンク

関西学院バロックアンサンブル

関西学院バロックアンサンブル

関西学院バロックアンサンブル

関西学院室内管弦楽団バロックアンサンブルは1989年に宗教音楽活動の一環として結成されました。

演奏のジャンルはバッハ、モーツァルト、ヘンデルなどヨーロッパの中世から近世の室内管弦楽を中心に美しい音色を各学部のチャペルや学外の教会、学校などで音楽による奉仕をしています。また、春と夏の定期演奏会やクリスマスコンサートでは誰もが一度は聞いたことのある親しみやすい曲を演奏しています。

常時、10~15名の小さな音楽団体ですが、年間通して様々な演奏会や行事でお互いに助け合い演奏活動に励んでいます。弦楽器、金管楽器、木管楽器、鍵盤などのパートがありますので興味のある方は一緒に参加して美しいハーモニーを響かせましょう。

※ バロックアンサンブルのホームページはこちら。

関西学院バロックアンサンブル外部のサイトへリンク

関西学院ゴスペルクワイア “Power Of Voice”

関西学院ゴスペルクワイア“Power Of Voice”

関西学院ゴスペルクワイア“Power Of Voice”

関西学院ゴスペルクワイアの前身である、「GospelChoir “Power Of Voice”」は、2000年に関西学院大学上ケ原キャンパスで有志の学生たちによって結成されました。

2004年度から関西学院宗教音楽委員会の公認団体として正式に登録され、現在では「関西学院ゴスペルクワイア “Power Of Voice”」として活動しています。

主に、各学部チャペルでの奉仕を中心に活動を行っています。また、近年では、その活動の範囲を学外にも広げています。教会でのコンサートをはじめとした様々な場で演奏する機会を与えられています。

Gospelという言葉の語源は、 “Godspell”(神の言葉)から来ていると言われます。その名前の通り、キリスト教の背景を持った音楽であり、アフリカ系アメリカ人の苦難の歴史の中から生まれてきた祈りの歌です。私たちは全員がクリスチャンではありません。しかし、メンバーそれぞれが思いをもってゴスペルを歌うことで、そこにいる仲間たちと同じ時間を共有していることや、日々の生活に心から感謝することができます。そういった心を持ち、それと同時に技術面の向上にも努め日々練習に励んでいます。

※ "Power Of Voice" のホームページはこちら。

ゴスペルクワイア"P.O.V."外部のサイトへリンク

関西学院KSC聖歌隊

KSC聖歌隊

神戸三田キャンパスにはかつて、クリスマスの時期にのみ臨時で編成される聖歌隊が存在しました。そして2004年、キリスト教音楽活動を推進しようということで関西学院大学KSC聖歌隊が設立され、今日では日々の練習やチャペルで礼拝音楽に親しみながら、クリスマスだけではなく、大学の宗教週間やその他のイベントなどで活動しています。KSCにある他の音楽団体と共に幅広く活動もしています。

入隊する学生は合唱未経験やクリスチャンでないという人も多く、宗教音楽は難しそうというイメージを持たれることがありますが、実際はとても美しい曲ばかりです。隊員は合唱のスキルアップだけではなく、音楽を通してキリスト教に触れ、歌声を多くの人々に届けることができるよう練習に励んでいます。

http://ameblo.jp/ksc-choir/page-3.html外部のサイトへリンク