関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 教務機構 > AI活用人材育成プログラム 2019年度より新規開講

AI活用人材育成プログラム 2019年度より新規開講

[ 編集者:教務機構   2019年3月6日 更新  ]


~「Society5.0」の時代に、新たな未来、価値を創造~

 関西学院大学は日本IBMと共同で開発した「AI活用人材育成プログラム」を2019年度より新たに開講します。

 AI活用人材育成プログラム


 このプログラムは、今後の社会でますます必要とされるAI活用人材(AIやデータサイエンス関連の知識を持ち、それらを活用して現実の諸問題を解決できる能力を有する人材)を育成します。基礎から実践、応用まで段階的に学べるように設計しています。文系・理系関係なく、AIやプログラミング等に関する特別な知識やスキルがなくても履修できます。

 AI/Big Data/IoT技術などによるデジタル革命が、生活・産業・雇用など社会の在り方を大きく変える「Society5.0」の時代に、AIやデータを活用して、社会課題を解決し、新たな価値を創造できる人材をめざしましょう。

こんな学生におすすめ
「AIを活用した新たなビジネスを創出したい!」 
「ビックデータを駆使して時流を捉え、社会問題を解決したい!」
「AIと学部で学ぶ知識を組み合わせて、新たな付加価値を生み出したい!」

履修説明会を開催します!
日時:2019年3月26日(火)11時~12時
場所:西宮上ケ原キャンパス B号館102号教室

カリキュラム・履修

AI活用人材育成プログラムのカリキュラムと履修にあたっての注意事項について紹介します。

詳細を見る
関学大 × 日本IBM AI共同プロジェクト統括からのメッセージ

巳波弘佳・関学大 × 日本IBM AI共同プロジェクト統括(学長補佐・理工学部情報科学科教授)からのメッセージです。各科目についても紹介しています。

詳細を見る
このページの先頭に戻る