経済学研究科独自の研究奨励制度

[ 編集者:経済学部・経済学研究科       2017年8月23日   更新  ]

龍象奨学金

この奨学金は、楠井隆三名誉教授の寄付によって、大学院学生・大学院研究員の優れた研究の助成を目的としたものであり、『関西学院経済学研究』や『経済学論究』その他明確な査読つき学術誌に掲載された論文の中で優れた論文執筆者に対して奨学金を支給します。11月上旬に募集要項を発表し、3月上旬に決定します。

学会報告補助制度

大学院学生および大学院研究員を対象とし、各自が所属する学会の全国大会で学会報告(共同報告を含む)をする場合に交通費等の補助を受けることができます。支給金額は、交通費実費、交通費実費、学会参加費、および宿泊費(1泊5,000円)ですが、一出張当たりの上限は50,000円です。同一者が複数回申請することができます。

大学院生・研究員に対する外国語論文執筆への補助

大学院学生や大学院研究員を対象とし、海外学術雑誌への投稿を促すために外国語(主に英語)論文執筆を補助する制度。校閲料補助上限20,000円(1論文につき1回のみ)、投稿料補助上限5,000円(1論文につき1回のみ)、抜き刷り代金補助上限10,000円。同一者が複数回申請することができます。
※経済学部研究会が発行するDiscussion Paper Seriesに投稿する場合にも補助制度は適用されます。