研究紀要の発行

[ 編集者:教職教育研究センター   2020年3月26日 更新  ]

 教職教育研究センターでは毎年3月末に、研究成果を『教職教育研究―教職教育研究センター紀要』にまとめ、他大学を始め、国会図書館に送付しています。センター教員の研究の他、受託研究員、同窓教員らが研究の成果を発表しています。

『教職教育研究―教職教育研究センター紀要―』第24号 内容
                          (2019年3月31日発行)
Ⅰ 論文
  ICT を利用した「主体的・対話的で深い学び」を育む pre-reading 課題 ……………大喜多喜夫

    子どもの虐待と学校教育                                                             ……………善明 宣夫

    子どもの睡眠習慣と心身の状態の関連に関する研究 -小学生対象の生活実態調査の結果をもとに-

                                                                                              ……………小谷 正登

     中学生のインターネットの利用時間に影響を及ぼす要因の検討  ―友人関係と親子関係に着目して―

                                                                                             ……………久保田真功・髙澤 光

    戦時期『数学第二類』時代の幾何教育の実像  -実物ノートに見る新課程の実施内容-

                                                                                             ……………片岡 啓

  「総合的な学習の時間」におけるキャリア教育の考察  ―中学校での学びを中心に―

                                                                                             ……………天野 義美

   公民科「現代社会」において気象災害を扱う防災教育の意義について      ……………小川雄太

Ⅱ 教育現場からの研究ノート

   新学習指導要領をふまえた社会科の授業実践   ―歴史総合・日本史探究・世界史探究への試み―

                                                   ……………土居亜貴子・奥野雄士郎・岩本和也・浅井信雄

Ⅲ 新任教員から

  新任教員としての1年                                                              ……………近藤 巧

Ⅳ 教職課程データ

 卒業生の免許状取得及び就職進路等の状況               ……………白銀 夏樹