【指定強化クラブ】2019年度活動報告書および2020年度予算申請書について

[ 編集者:学生活動支援機構       2018年12月21日   更新  ]

活動報告書・予算申請書

添付ファイルをダウンロードしてご利用ください。
なお、活動報告書の3頁「2019年度活動支援費の予算使用実績」部分ついては個別にスポーツ振興・統括課よりお知らせします。

2019年度活動報告書Word®ファイル   [ 50.50KB ]

2020年度予算申請書Word®ファイル   [ 14.97KB ]

1.記入要領

1)必ず体育会は部長、文化総部・応援団総部は顧問の自署・捺印をお願いします。
  印鑑はスポーツ振興・統括課に登録している「登録印」を使用してください。

2)今年度の活動実績は団体成績の主要なものを記入してください。

3)今年度の新聞掲載紙面のコピーを添付してください。

4)2019年度活動支援費の予算使用実績については、2019年12月18日処理分までの実績を記入しておりますので、それ以降3月末までの使用見込みを記入し、合計実績額を算出してください。必要に応じて下部の欄に付記すべき事項を記入してください。

5)2020年度活動支援費の使途計画(予算)については、2019年度と同額の予算金額を上限に、以下の内容に沿って作成してください。

①専任指導者雇用を希望(継続含む)する場合は、「専任指導者雇用費用」を最初に記入してください。なお、雇用形態については「期限付契約職員」としての雇用となります。
   
【雇用の継続を希望する場合】
 継続を希望する指導者の職務・氏名を記入してください。
 <例:監督 関学太郎(継続)>

【新規の雇用を希望する場合】
 希望する職務・指導内容、(記入できる場合は)氏名を記入してください。
 <例:FWコーチ 新月二郎(新規)>
 ⇒ 必ず事前にスポーツ振興・統括課にご連絡ください。
  
②専任指導者雇用費用以外で使用できる費目は以下のとおりです。

費 目 内  容 (参考)支出に当たっての必要書類
指導者派遣費 業者との業務委託契約により指導者の派遣を受ける場合
※派遣元、指導内容、予定日数、等の具体的な内容を申請書に明記してください
・派遣会社との契約書(業者、クラブ、大学との三者間契約)
・各月の請求書(大学から直接支払)
指導者招聘費 報酬料金として招聘者本人に直接支払う場合
※指導内容、指導者の人数、等の具体的な内容を申請書に明記してください
・指導者招聘計画書
・指導者招聘報告書
・報酬料金請求書(大学から直接支払→所得税の源泉徴収が発生します)
※2013年度より交通費の別途支出は不可となっています。報酬料金に含めた形でお願いします。
研修等参加費 部員が研修等に参加する場合
※研修内容、研修先、参加者人数、等の具体的な内容を申請書に明記してください
・研修開催要項
・参加費領収証
・交通費等領収証(業者等を利用の場合、請求書も提出要)
・参加者名簿
その他学生部長の認めたもの 上記の内容では十分な予算使途計画がたてられない場合
※別途事前にご相談ください
※必要に応じて通達します

2.2020年度について

3月上旬に各部の2020年度予算が承認される予定です。当課より追ってご連絡いたします。

3.提出について

【2019年度活動報告書】
2020年2月12日(水)までにスポーツ振興・統括課へ提出してください。

【2020年度予算申請書】
2020年2月12日(水)までにスポーツ振興・統括課へ提出してください。

<本件に関する問い合わせ>

学生活動支援機構 スポーツ振興・統括課