文学研究科の人材の養成に関する目的 その他の教育研究上の目的

[ 編集者:文学部・文学研究科       2012年5月23日   更新  ]

文学研究科の人材の養成に関する目的 その他の教育研究上の目的

人文科学の深い学識に裏付けられた人間形成と、卓抜した水準における学術研究を通
じた社会への貢献を目的とする。そのためには、人文科学の領域において、現代の高度な学問の進展に応じた研究を推進し、人格を陶冶するとともに、その研究の成果を学界、教育界、一般社会に還元することが必要である。具体的には、それぞれの学術領域に大きな貢献をなしうる専門的研究者を養成すること、高い専門性を活かして実社会の様々な場所で活躍することのできる高度専門職業人を養成すること、そして知識基盤社会を支える高度で知的な素養のある人間を育成すること、のそれぞれを重視する。
以下に専攻ごとの目的を掲げるとともに、さらに三専攻に共通する目標を示す。

文化歴史学専攻
文化歴史学専攻は、真・善・美の理想を求めて空間と時間の中を生きる人間の基礎的構造及び歴史について、高度な教育研究を行う。

総合心理科学専攻
総合心理科学専攻は、現代社会に生きる人間の心理的諸相について、認知・行動・発達の観点から、そのあるべきあり方や病理を含めて、高度な教育研究を行う。

文学言語学専攻
文学言語学専攻は、言葉を持ち文化を形成する人間の営為について、文学と言語の両面から高度な教育研究を行う。

共通の目標
前期課程では、研究者養成の第一段階として、後期課程に連携する研究教育を行うと
ともに、高い学識と豊かな創造性を携えて社会に貢献できる人間を育成する。後期課程では、高度な研究の継承と推進を行う博士号を持つ優れた研究者を養成する。