ランバス留学

[ 編集者:研究推進社会連携機構       2017年3月23日   更新  ]

ランバス留学

関西学院の創設者ランバス院長のキリスト教精神を継承し、関西学院の教育に貢献することのできる人材を養成するため、将来性ある志望者を募り、これを選抜して海外に留学させることを目的としています。なお、留学期間の限度は2 カ年です。

スケジュール

<募集>
前々年度の4 月(所属学部等の日程に従い「ランバス留学計画書」(所定様式)を所属長(所属学部等事務室)に提出)
<決定>
前々年度の7 月(ランバス留学基金委員会)
<報告>
留学期間終了後2 カ月以内。「ランバス留学報告書」「留学費使用明細書」その他関係書類を法人部秘書課に提出。また、研究推進社会連携機構に所定の「研究成果報告書(研究成果概要)」を提出。研究成果概要は、とりまとめて大学として公表。

人数・留学費

若干名(当該年度募集要項参照)。留学費は1 カ年につき18,000 US ドルを基準とします。この他、留学地の大学院等に正規の学生として入学する場合には、留学費の他に、授業料の半額(7,000 US ドルを上限)が支給されます。

資格者

大学教員については、留学年度の4 月1 日現在満40歳未満で、キリスト者またはキリスト教に理解のある者。

選考

学部長会で選考し、学長がランバス留学基金委員会に推薦します。

その他

ランバス留学に関する問い合わせは法人部秘書課まで。