商学研究科

高度な洞察力と分析能力を有する研究者の育成「研究職コース」
専門的知識を有し経営の中枢に参画する職業人の育成「専門学識コース」

商学研究科は現在、経営、会計、マーケティング、ファイナンス、ビジネス情報、国際ビジネスの6分野を設置しており、各分野で最先端の研究を行うとともに学際的な研究・教育にも力を注いでいます。
グローバル化が進み、近年ではAI(人工知能)の技術も著しい進展がみられるなか、企業のおかれる環境も大きく変化しています。従来のように、企業内での社員教育を通じたスキルアップだけではなく、欧米のように大学院教育を受け、深い論理的思考能力、問題解決能力を有した人材が求められるようになってきています。
商学研究科ではこのようなビジネス社会の変化も踏まえ、高度な洞察力と分析能力を有する研究者と職業人を輩出することを強く意図して、課程博士学位の早期取得をめざす「研究職コース」と、実業界で中核的役割を果たす人材を養成する「専門学識コース」の2つのコースを設けています。理論的な裏付けのある専門的知識・技術を修得すると同時に、企業提供科目など実務界で中核として活躍されている方々による授業やインターンシップ制度など、知識、技能も修得できるようなカリキュラムを提供しています。

商学研究科での学び