TOEFL iBT® Complete Practice Test

[ 編集者:言語教育研究センター   2019年11月11日 更新  ]

TOEFL iBT® Complete Practice Testは、TOEFL iBT®TEST本番と唯一同形式の「模擬試験」です。
インターネット接続のパソコンがあれば、Web上でいつでも行うことができるため、テスト形式に慣れてから本番に臨むことができます。この模擬試験は無料で受験できます。

※この教材は「模擬試験」のため、各種留学プログラムの申込や、レベル認定等には使用できません。
 TOEFL iBT®TESTスコアを正式に提出する必要がある場合は、本番の TOEFL iBT®TESTを各自で受験する必要があります。

TOEFL iBT® Complete Practice Testの主な特徴

・本番同様の4セクションからなる問題形式(TOEFL iBT®TEST本番と唯一同形式の練習問題)
・問題は実際のTOEFL iBT®TESTで出題された過去問題
・終了後に全セクションのスコアを即表示、取得スコアから分析した各セクションの能力の解説付き

申込資格

学部正規学生で、テストを受け取ってから4週間以内にスコアレポート(テスト結果)を提出できる学生
【その他注意事項】
・申込先着順。定員に達し次第締め切り。
・1人につき複数回申し込むことができますが、申込のタイミングおよび前年度までの利用回数により1年間の受験可能回数には個人差があります。今年度の受験可能回数を確認したい場合は、教務機構言語教育研究センターまで問い合わせて下さい。
 (参考:2019年度11月以前に1度も申し込みをしていない場合は、2019年11月時点では3回可能。)
※国際教育・協力センター(CIEC)のTOEFL iBT® TESTポイント解説セミナー及び模試を受講された場合、その分も受験可能回数に含めます。
申し込み後のキャンセルは受け付けません。
・やむを得ない事情の場合はキャンセルを受け付けることがありますが、その際も1回使用したものとします。
スコアレポートの提出がない場合、次の申し込みを受け付けることはできません。

必要な機材

・インターネット接続のパソコン
・パソコンのE-mailアドレス
・音声入力・出力端子
 (ヘッドセット、マイクとイヤフォン、またはそれに代わる同等の機能のあるもの)
※希望者にはヘッドセットを貸し出します。Web申込時に「ヘッドセットの貸し出し」を「希望する」にチェックをつけてください。貸出期間はテスト結果提出締切日まで(最大4週間)です。

テスト申し込み前の準備

テスト申し込み前に、下記手順に従い、テスト受験のために必要な準備を行ってください。

Windowsの場合

STEP1 必要システムを満たしたパソコンの準備

下記必要システムを満たしたパソコンを各自で準備する。
Microsoft® Windows® 7以上
・Internet Explorer® 9.0以上、Google Chrome™、Firefox®、Microsoft® Edge
※OSデフォルト以外の日本語入力ソフトがインストールされている場合、文字入力が進まないことがあります。

STEP2 事前準備

下記リンクを参照し、必要な事前準備を行う。

Windowsで必要な事前準備外部のサイトへリンク

Macの場合

STEP1 必要システムを満たしたパソコンの準備

下記必要システムを満たしたパソコンを各自で準備する。
Mac OS X® 10.9以上
・Safari® 7.0以上、Firefox®、Google Chrome™
※OSデフォルト以外の日本語入力ソフトがインストールされている場合、文字入力が進まないことがあります。

STEP2 事前準備

下記リンクを参照し、必要な事前準備を行う。

Macで必要な事前準備外部のサイトへリンク

申込方法と教材使用までの流れ 

STEP1

上記「テスト申し込み前の準備(WindowsまたはMac)」を行います。

STEP2

下記申込フォームに必要事項を入力し、送信します。

TOEFL iBT® Complete Practice Test申込フォーム外部のサイトへリンク

STEP3

申し込み完了後、確認メール(自動送信)が届きます。
※申し込みから1日経っても確認メールが届かない場合は、教務機構 言語教育研究センターまでお問い合わせください。

STEP4

確認メール(自動送信)が届いてから事務室開室日で3日以内に、テスト受験に必要なAuthorization No.が、教学Webの個人伝言に届きます。
TOEFL Practice Onlineサイトにアクセスし、Authorization No.を入力してテストを受験します。

※テストはスタートから完了まで同じOSで行ってください。テストの途中でWindowsからMac、または
 MacからWindowsへ変更することはできません。テスト完了後、復習のためにスコアレポートを開く
 際も、同じOSから利用してください。スコアレポート(PDF)ダウンロードのみであれば異なる
 OSでも可能です。

※テストがうまく動作しない場合、ブラウザを変えると動く場合があります。

TOEFL Practice Onlineサイト外部のサイトへリンク

テストのはじめ方(初めて利用される方)外部のサイトへリンク

テストのはじめ方(2回目以降利用される方)外部のサイトへリンク

<ヘッドセット貸出希望者のみ>
学生証持参の上、教務機構事務室(西宮上ケ原キャンパス:G号館1階、神戸三田キャンパス:アカデミックコモンズ2階、西宮聖和キャンパス: 教育学部事務室)でヘッドセットを借ります。

STEP5

個人伝言受領日から4週間以内に、スコアレポートのPDFデータをダウンロードし、以下のとおりメールで提出します。
ヘッドセットを借りた場合、貸し出しを受けた場所に返却します。

<PDFデータ提出方法>
テスト終了後、再度ログインしてスコアレポートをダウンロードし(Download PDFをクリック)、PDFファイルを添付し、lang_toeflpractice@kwansei.ac.jp に送信します。
▼メール件名:TOEFL iBT® Complete Practice Test 結果提出
▼本文:学生番号・学部・学年・氏名を明記
▼添付ファイル:スコアレポート全ページ分のPDFファイル
※スピーキング・ライティングのスコアはすぐに反映されないことがあります。きちんとテストを受験
 したにも関わらず、スコアが反映されていない場合、時間をおいてサイトにログインし、スコアレポー
 トを再出力してください。

操作および不具合について

操作方法が分からない、不具合でテストが受験できない場合、下記手順に従ってください。

STEP1 このページにあるリンクを確認

・“Windowsで必要な事前準備”または“Macで必要な事前準備”
・“テストのはじめ方”(初めて利用される方または2回目以降利用される方)

STEP2 よくある質問、トラブルシューティングを確認

下記サイトにアクセスし、該当する不具合の解決方法が記載されていれば、それに従います。

よくある質問外部のサイトへリンク

トラブルシューティング外部のサイトへリンク

STEP3 メールで問い合わせる

上記のどちらでも不具合が解決しない場合には、下記問い合わせ先欄のテストの操作方法・不具合に関する問い合わせ先のリンクからメールで問い合わせをします。

問い合わせ先

テストの操作方法・不具合に関する問い合わせ先

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL事業部 教材担当
電話:03-5467-5489 (10:30~16:30 土日祝休)音声案内2

問い合わせ先外部のサイトへリンク

※<TOEFL iBT®テスト公式教材ショップ オンライン教材利用中のエラー等に関するメールによる問合せ>を参照の上、メールで問い合わせてください。
その際、④注文番号には団体購入(関西学院大学)と記載してください。

Web申込み・Authorization No.受取り・スコア提出についての問い合わせ先

教務機構 言語教育研究センター
メール:lang_toeflpractice@kwansei.ac.jp
窓口:西宮上ケ原キャンパス G号館1階
   神戸三田キャンパス アカデミックコモンズ2階
   平日8:50~11:30/12:30~16:50 土曜8:50~12:20
   ※夏季休暇期間中など、窓口時間帯が上記とは異なる場合があります。


TOEFL、TOEFL iBTはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
このウェブサイトはETSの検討を受けまたはその承認を得たものではありません。
TOEFL and TOEFL iBT are registered trademarks of Educational Testing Service(ETS).
This website is not endorsed or approved by ETS.