キャリアセンターの目的・方針

[ 編集者:キャリアセンター      2019年7月22日   更新 ]

 西宮上ケ原・西宮聖和・神戸三田・大阪梅田の各キャンパスにあるキャリアセンターでは、年間を通じてキャリア支援・就職支援・インターンシップなどのサポートプログラムを実施しています。また、キャリア・アドバイザーが常駐し、進路選択や就職活動、資格取得などキャリアデザインに関するあらゆる相談に応えています。

キャリア・就職サポート

キャリア支援

 本学では「学生一人ひとりの長所を引き出し、強みを活かす」ことを基本的な考え方とし、入学時からのキャリア支援を行っています。就職活動は「就職活動のためのみの活動」ではなく、自らの人生を考える一つの機会ととらえ、活動が本格化する3年生・大学院1年生次に向けて十分な土台を築くことができるよう、1・2年生での低年次におけるキャリア教育を重視しています。
 将来、社会に羽ばたき、スクールモットー"Mastery for Service"を実践し社会に貢献するための実力を身につけるため、まずは学生自身が大学生活を通して「強みと持ち味」を認識し、自らの軸を形成することができるように、4年間にわたるプログラムを提供しています。

就職支援

 就職支援では「キャリアガイダンス」と「個人面談」を軸にサポートを行っています。3年生・大学院1年生の春に実施する「第1回キャリアガイダンス」では、就職活動に関するさまざまな情報を掲載したオリジナルの「就職活動ハンドブック」を配付し、就職活動のスケジュールや、「いつ、どんな準備をすべきか」についてじっくり解説しています。また近年、参加学生が年々増加しているインターンシップについても、応募方法や学内プログラムについて案内しています。
 キャリアガイダンスは年間を通じて複数回開催し、その時々のテーマに即した情報提供を行っています。また、予約制の個人面談で、自己分析や面接対策、志望動機の考え方など、それぞれの学生の活動状況にあわせたアドバイスを行います。

キャリアセンターの目的・方針

目的:
関西学院大学におけるキャリア教育の充実発展及び就職支援諸施策の推進

方針:
学生の適性、能力、希望に合った、丁寧できめ細かいキャリア教育ならびに就職支援を行う