【企業・団体の皆様へ】 インターンシッププログラムについて

[ 編集者:キャリアセンター      2017年4月4日   更新 ]

企業・団体のみなさまへ

 本学は創立以来“Mastery for Service”(奉仕のための練達)をスクールモットーとし、“社会に貢献できる人材”の輩出に務めてまいりました。近年は特に、実社会の中での体験や社会との連携を重視しております。
 インターンシッププログラムは、目的意識やチャレンジ精神に溢れる多くの学生が、就業経験を通じて自ら人生観や職業観を養い、一生のライフプランをイメージする機会とすることを目的として実施しています。

インターンシップの目的とねらい

 インターンシップでは社会で必要とされる能力や「働く」ということの理解を深め、この経験をもとに学生生活の目標と行動計画について再点検し、大学卒業後の進路選択と人生設計へと繋ぐことを目標としています。就業体験だけにとどまらず、社会で必要とされる総合的な能力への気づきとともに自らのキャリアビジョンを築く貴重な機会にすることができればと考えています。

◆インターンシップの目的:就業体験を通じ、以下の事柄を理解する
 ①社会理解-組織の様々な側面に触れ、社会全体との関わりを理解する
 ②職業理解-仕事や業界に対する視野を広げ、職業意識を明確にする
 ③自己理解-社会から期待される能力・資質について理解し卒業までの目標を再設定する

関西学院大学でのインターンシップについて

■公募型インターンシップ

 企業・団体のみなさまが独自にインターンシップを実施されるものに対し、学生が直接企業・団体への応募を行うものです。本学学生にご案内をいただける場合は「キャリタスUC」(学校向け求人情報配信システム)(運営・管理:(株)ディスコ)を通じて受付させていただきます。お手数をおかけいたしますが、下記リンク先よりご登録いただけますようお願い申し上げます。先修条件等を満たす学生に対しては単位を付与いたします。

■KG枠インターンシップ

 本学の夏季休暇もしくは春季休暇中に、5日間以上のインターンシップ実習に加え、本学での事前オリエンテーション、フォローアップセミナーを行うプログラムです。本学と受け入れ機関との間で協定書の締結を行います。1年生、2年生、3年生、M1年生の学生が対象です。先修条件等を満たす学生に対しては単位を付与いたします。

●対象学生:学部1年生~3年生、M1年生 (学年指定可能)

●インターンシップ派遣時期:本学の夏季休暇期間、および春季休暇期間

●派遣学生の選考方法:
 基本的には、本学での書類選考にて派遣学生を決定いたします。

●学生の派遣に関する事項:
 ①派遣学生は、事前オリエンテーション(ビジネスマナー研修、参加の心構え、目標設定等)ならびにフォローアップセミナー(振り返り、学生生活の目標設定等)に参加。
 ②派遣学生は、インターンシップ賠償保険に加入した上で実習に参加。

●覚書の締結について:
 本学の所定の様式にて覚書を締結。(年度ごとの更新不要の場合は初年度のみ)
 ※企業・団体様独自の様式がある場合、文言についてご相談させていただいております。

■授業科目としてのインターンシップ

 2017年4月より「キャンパスを出て、実社会を学ぶ」実践的な科目を開発、提供するハンズオン・ラーニングセンターを開設いたしました。ハンズオン・ラーニングセンターでは、実践型の体験学習プログラムを科目として開講しています。詳細はハンズオン・ラーニングセンターホームページにてご確認ください。

 また、インターンシップをより効果的なものとするため、「社会の中での自分(インターンシップ講義)」、「ソーシャルスキルとチームワーク(インターンシップ演習)」を事前準備科目として開講しています。

●「社会の中での自分(インターンシップ講義)」

 実在の企業のケースを取り上げ、時代や環境の変化に対応してきた経営や商品、サービスの変遷を学びます。そして国際情勢と政治、経済、経営が相互に関連しあっていることを理解しつつ、企業が発展するための条件と、そこで働く人びとを支えた人生哲学や教養について考察します。

●「ソーシャルスキルとチームワーク(インターンシップ演習)」

 ビジネスマナーやディスカッション、ディベート、プレゼンテーションなどを通して他者との関係を築き、維持することのできるコミュニケーションスキルを身につけます。少人数でのグループワークを基本とします。

ハンズオン・ラーニングセンターホームページ 関連ページへのリンク