2011.12.02.
西宮上ケ原キャンパスのクリスマスツリー点灯式

「クリスマスツリー点灯式-アドベントを迎えて-」を西宮上ケ原・神戸三田・西宮聖和の3つのキャンパスで2011年11月28日に開催しました。

 西宮上ケ原キャンパスの中央芝生では、学生・生徒・児童・教職員・一般の方々など約1,000名が集い、一人ひとりがろうそくのともし火を手にして讃美歌『もろびとこぞりて』などを合唱し、共にアドベントを祝いました。
 ルース・M・グルーベル院長は「アドベントは神の救いを待ち望むとき。私たちはただ待つだけでなく、困難な状況にある人たちにどのようなことをすることができるか、具体的に行動しましょう」と呼びかけました。
 西宮上ケ原キャンパス時計台の左右にあるヒマラヤ杉のイルミネーションが点灯されると、その美しさに歓声が沸き起こりました。