2008.05.16.
関学生の学生生活vol.2!

大学選びの際、「キャリア」「就職」というキーワードは、大きく意識する部分でしょう。社会学部2回生 能瀬智子さん(大阪薫英女学院高校出身)には、彼女が経験したキャリアプログラムの内容を語っていただきました。

1回生の夏休み、Next Leaders Project (NLP)という、キャリアセンターのプログラムに参加しました。このプログラムは、関西学院大学の学生の他、上智大学と立教大学も東京に集まって、グループワークやディスカッション、ディベートなどを3日間にわたって体験するプログラムです。具体的には、企業経営トップによるリーダーについての講演、インタビュースキルのセミナー、起業家や世界を舞台に活躍されている方とのQ&Aセッション、食料自給率をテーマにしたディベートなどです。
今思えば、その時はまだ高校生気分が抜けきれていなかった私にとって、NLPの活動は、大学、大学生というもののスケールの大きさにただ驚くばかりでした。活動を通して、普段関わることのできない方々から世の中について学んだり、夜には学生同士で将来のことや、自分たちの考え方について熱く語り、関学生はもちろん他大学の学生たちとも交流を深めたりすることができました。2泊3日という短い期間でしたが、NLPを通して視野を広げられたことは、私にとってその後の学生生活、そして将来をも左右するような経験になったと思います。今も、その時に出会った仲間とは交流が続いていて、お互いに励ましあい、刺激を受け続けています。
大学には、高校の時には想像もしなかったような、世界が広がっています。受験勉強は大変ですが、大学はそれだけ頑張って入る価値のあるところだと思います。そして、頑張った分だけ、大学生活を楽しむことができると思います。時には息抜きをすることも忘れずに頑張ってください!

<参考>
関西学院大学 キャリア支援プログラム
キャリアセンター
「こちらをクリックしてください」関連ページへのリンク