2007.10.18.
模擬試験の結果に一喜一憂するな!!

皆さん、こんにちは。
高校3年生・高卒の皆さんはセンター試験の出願も終わり、受験大学を決定していく時期に入りましたね。
もちろん関学は受験してくださいね。
さて、受験大学決定にあたっては「模擬試験」の結果を参考にしている人も多いのではないでしょうか。
確かに模擬試験は”これまでの学習理解度を確認する”こと、=”弱点の確認”などには有効です。

”大学の合格判定を確認する”はどうでしょう?
自分の志望する大学の合格判定がCだとかDだとか・・・
落ち込んでしまっている人はいませんか。
しかし!
「大学合格判定」はあまり気にする必要はありません!
(一般的な記述模試やマーク模試のことです)
特に私立大学入試の場合、大学ごとに出題の特徴・傾向があります。
例えば、関学であれば英語で発音やアクセントなどは過去に出題されていません。
一般的な模試の英語の試験の多くは、発音やアクセントを出題しています。その設問も含めて英語の成績が出され、
偏差値が算出され、合格判定が出されます。
関学には関係ないですよね。
関学合格には「関学の出題傾向に合った問題の解答ができるかどうか」が合否のポイントです。
模試で「関学E判定」だからといって出願を断念する必要は全く全くありません。
過去問題対策を中心に「関学の問題を解く力」を養ってください。
頑張ってください。