教育ローンについて

[ 編集者:学生活動支援機構       2016年6月6日   更新  ]

本学では、提携金融機関や国の教育ローンを利用することができます。
教育ローンの特徴としては、所得オーバーや成績不振等の理由で奨学金申込みの対象とならない学生でも利用が可能なことがあげられます。また、提携教育ローンに対しては在学中に支払った利子を補填する奨学金も用意されています。

関西学院大学・大学院提携教育ローン

提携教育ローンは、関西学院大学・大学院に在学あるいは入学予定の学生もしくは保護者に対して、金融機関(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セディナ)が、一般の教育ローンより低利で貸付を行うものです。奨学金の採用基準に満たない人や奨学金だけでは学費や学生生活費をまかなうことができない人も利用できます。また、在学生のみ対象ですが、2015年10月1日よりセディナとの提携を開始しました。
提携教育ローンの概要については、各金融機関のチラシをご覧の上、利用を希望される場合は、最寄りの銀行窓口でご相談ください。申込みは各銀行の全店で可能で、大学の紹介状等は不要です。セディナにつきましては下記「セディナ学費ローンの申込みはこちら」から申込みをすることができます。
※審査の関係上、融資を受けられない場合や学費納入期限に間に合わない場合がありますので、詳細は銀行窓口でご確認ください。
※各銀行のチラシについて西宮上ケ原キャンパスは学生活動支援機構(学生課)、神戸三田キャンパス・西宮聖和キャンパスは各学部事務室にあります。
※提携教育ローンについての問い合わせ先:各銀行チラシに記載

関西学院大学・大学院利子補給奨学金

関西学院大学・大学院利子補給奨学金 
提携教育ローンを利用した場合、在学中に限り当年度中に支払った利子相当額を大学が支給する「関西学院大学・大学院利子補給奨学金」に出願できます。制度の概要は以下のとおり。
【出願資格】
標準修業年限内に在籍する学部・大学院学生で、在学する課程で提携教育ローンの借入を受け、当年度中にその利子を支払った者
【選考基準】
家計支持者の年間総収入
・給与収入の場合、原則収入の合計金額が1,500万円未満
・給与収入以外の場合、原則所得の合計金額が1,000万円未満
※選考がありますので選考基準を満たしていても採用されない場合があります。
【奨学金額】
在学している課程で借りたローンの当年度(4月~翌年3月)支払った利子相当額(千円未満切捨) 
・秋学期入学者の場合、初年度および最終年度奨学金額は、半年の利子相当額
・本学合格後にローンの借入を受け、入学前に支払った利子については対象外
【出願・採用】
毎年、願書配布は1月、募集は2月、交付は3月です。
・春学期卒業者の場合、募集は8月、交付は9月
・出願書類は所定の申請書の他、所得証明書、ローンの返還明細書、通帳等 
※希望者は12月頃の学生活動支援機構(学生課)の掲示に注意してください。
※利子補給奨学金についての問合せ先:関西学院大学学生活動支援機構(学生課)

日本政策金融公庫「国の教育ローン」

日本政策金融公庫(全額政府出資の金融機関)では、大学、大学院(高等学校、短大、高専、専修学校、各種学校や外国の学校等も可)に入学・在学する際の経済的負担の軽減と教育機会均等を図るために「国の教育ローン」を準備しています。
 使途としては、学費、下宿費用、教材費など多様で、学生・生徒1名につき、350万円以内の貸付を受けることも可能です。(返済は15年以内)
 申込受付は、随時行われていますので、最寄りの日本政策金融公庫店舗や教育ローンコールセンター(ナビダイヤル:0570-008656)等で確認してください。詳細は、日本政策金融公庫、国民生活事業のホームページ(http://www.jfc.go.jp/)をご覧ください。
 ご相談・お問い合わせは教育ローンコールセンターTEL:0570-008656(ナビダイアル)までお願いします。