教育学研究科の理念・目的・教育目標

[ 編集者:教育学部・教育学研究科       2010年8月24日   更新  ]

理念・目的・教育目標

 教育学研究科は、関西学院大学の理念であるキリスト教主義に基づく人格の陶冶を踏まえ、「子ども理解」を基本理念とする。
 その教育のキーコンセプトとして「実践力」、「教育力」、「人間力」を据える。
 「実践力」とは、幅広い教育現場で、強い情熱、子どもへの愛情、優れた指導力を持って、実践にあたることのきる資質である。
 「教育力」とは、高い使命感と確かな知識と力量を持って、子どもへの教育と支援ができる資質である。
 「人間力」とは、総合的な判断力と視野の広さ、思慮深さ、豊かな人間性と人権意識、さらに豊かなコミュニケーション能力を持ち、それらを実践に役立たせることのできる資質である。
 こうした3つの「力」を持ち、「子ども理解」を基礎に現代の複雑で困難な教育問題に向き合うとともに、高度な専門性によって指導的な役割を担うことのできる「教育者」(専門的教育者)及び研究者を養成することを目的とする。
 以上の研究科の理念、目的を実現するために、専攻内に「幼児教育学領域」と「臨床教育学領域」の2領域を設け、その専門性を明確にするとともに、2つの学問領域を有機的に連動させることによって、高度な専門的知識と理論構築、さらには現実に即した具体的な支援ができる人材の養成を目指す。