履修登録

関西学院大学

授業開講部局によっては、履修登録についてこのサイトに追加してスケジュール・ルール等を別途設定しています。授業開講部局からのお知らせに注意してください。

このページのインデックス

1.履修登録手順 (予備登録科目、申込制科目の申請、本登録、履修中止 等)

(1)履修登録とは

履修登録とは、授業を受講するために必要な手続きです。履修登録をしなければ、成績評価をされることはなく、単位の修得もできませんので、以下(2)~(4)をよく読み、各自の責任において、所定の期間内に履修登録を完了させてください。
※履修登録に関しては、所属学部をはじめ、各授業科目を開講している他学部・センター等からのお知らせにも注意してください。

(2)履修登録の種類

履修登録には、主に下表のとおり5種類あります。各履修登録がどういった内容であるかをしっかりと把握してください。なお、履修するための資格や先修条件の確認、ガイダンスへの参加等を必須とする授業科目も一部あります。

履修登録の種類

履修登録を行う者

説明・注意事項

①予備登録

事務室

予備登録とは、あらかじめ事務室が行う履修登録を指します(学生自身による履修登録は不要)。主に必修科目が対象となります。

  • ※予備登録科目は履修中止ができません。
  • ※再履修生(一度履修した科目を修得できず、次学期以降に、再度同じ科目を履修する学生)は各自で申込制科目の申請や本登録をしなければならない授業科目もあります。
  • ※事前に所定の手続き(例:研究演習Iのゼミ選択)が必要な授業科目もあります。

②申込制科目の申請

学生

申込制科目の申請とは、各学期の授業開始前に設定された事前申込期間中にkwicで行う履修登録を指します。主に履修者数に定員(上限)が設定されている授業科目(申込制科目)が対象となり、定員を超える申込があった場合は、抽選等によって履修者が決まります(落選者は履修不可)。

  • ※申込制科目は当選後の履修中止ができません。申込に際しては、当該科目が開講される曜日・時限に他に履修すべき授業科目がないか、開講されるキャンパスはどこか等を十分に確認してください。

③本登録

学生

本登録とは、kwicで行う履修登録を指し、①・②・④に該当しないすべての授業科目が対象となります。期間は、各学期の授業開始後、2回に分けて設定されています。授業開始後の履修登録であるため、学生は実際の授業に出席してから、正式に履修登録をするか判断することができます。

④その他

学生

例外的に、事務室窓口での履修申請等、①・②・③以外の方法による履修登録が必要な授業科目があります。その他に該当する授業科目については、履修心得や各種冊子への記載、各学部・センター等からのお知らせを確認してください。

⑤履修中止

学生

履修中止とは、各学期の授業開始から約2か月後に設定された履修中止期間中にkwicで履修を取りやめる授業科目を申請することです。あらかじめ履修中止が認められている授業科目のみが対象となります。

  • ※履修中止をした授業科目は、GPAに算入されません。

(3)履修スケジュール

履修登録に関するおおまかなスケジュールは次のとおりです(詳細なスケジュールは「授業スケジュール・履修登録スケジュール」を確認)。なお、所定の期間以外の履修登録は一切認められません。また、春学期の履修登録期間には、春学期開講科目(クォーター科目を含みます)、通年科目、および集中講義科目を、秋学期の履修登録期間には、秋学期開講科目(クォーター科目を含みます)、集中講義科目を登録してください。

(4)履修登録(確認)方法

履修登録を行うにあたり必要な手順は下表のとおりです。なお、いずれもkwicへログインして行います。

項目

履修登録(確認)方法

予備登録科目の確認

▶『授業・履修・成績』→ 『履修登録・確認』→ 『申請状況画面』で確認。

申込制科目の申請

▶『授業・履修・成績』→ 『申込(抽選)制科目登録』より申請。

  • ※開講学部・センターがkwic以外の申込方法を指定している場合は、その指示に従ってください。
  • ※申込制科目の一覧は、『キャビネット』→ 『教務機構』→『授業関連』→ 『申込制科目について』で確認できます。  https://kwic.kwansei.ac.jp/cabinet/area/detail?areaId=3650&directLink=1

本登録

(1回目・2回目)

          • ▶『授業・履修・成績』→ 『履修登録・確認』→『申請状況画面』を表示。
          • ▶時間割画面内の『+』のアイコンをクリックし、履修可能科目の中から履修する授業科目を選択。
          • ▶画面下部の『申請』ボタンをクリック。
      • ※エラーメッセージが表示された場合は速やかに修正すること。
      • ※履修登録が完了した場合はお知らせが配信されるので、履修登録完了後は必ずkwic「その他」タブのお知らせより、登録内容を確認すること(お知らせが来ていない場合、履修登録が正しくできていません)。
      • 2回目の本登録期間終了後、追加・修正を行うことは一切できません。

確定した履修登録

の最終確認

▶『授業・履修・成績』→ 『履修登録・確認』→『履修登録確認表出力』で確認。

履修中止

▶『授業・履修・成績』→ 『履修中止』より申請。

      • ※履修中止期間後は、いかなる事情があっても履修中止した授業科目の履修を復活させることができません。進級や卒業等に必要な授業科目を誤って履修中止しないよう十分に注意すること。
      • ※履修中止後の履修登録内容を『履修登録確認表』で確認すること。
      • ※中止後はお知らせが配信されるので、kwic「その他」タブのお知らせより、確認すること。
      • ※通年科目の履修中止は春学期にのみ申請することができます。
      • ※履修中止できない授業科目の一覧は、次より確認できます。

『キャビネット』→『教務機構』→『授業関連』

→『履修中止できない科目一覧』 https://kwic.kwansei.ac.jp/cabinet/area/detail?areaId=961&directLink=1

<参考>
履修登録時のkwic上での操作の詳細は、『キャビネット』→『情報化推進機構』→『マニュアル』→ 『kwic 操作マニュアル(履修登録、時間割照会、本人情報変更等)』を参照してください。
https://kwic.kwansei.ac.jp/cabinet/area/detail?areaId=880&directLink=1

2.授業科目について

授業科目は各学部やセンター等により開講されており、おおまかに下表のとおり分けることができます。

自学部開講科目

所属学部が開講する授業科目。
卒業に必要な単位の大多数を占め、必修科目や選択必修科目が含まれます。また、自学部の学生のみが履修できる授業科目があり、十字科目と呼ばれています。

他学部開講科目

所属学部以外の学部(他学部)が開講する授業科目。
十字科目を除き、他学部開講科目であっても履修は可能です。

教職等資格関連科目

教育職員免許状や博物館学芸員等の資格取得に必要な授業科目。
教職等資格関連科目の履修に際しては、教職課程等履修要項、「教職課程等」の項目、および教職教育研究センターからのお知らせを確認してください。

全学科目

教職教育研究センターを除く各センター等(例:言語教育研究センター、ハンズオン・ラーニングセンター、国際教育・協力センター)が提供する授業科目。
基本的に全ての学生が履修することができ、各センター等の専門性が活かされた言語教育科目、スポーツ科学・健康科学科目、情報科学科目、AI活用人材育成科目、グローバルスタディーズ科目、ライフデザイン科目、基盤・学際科目といった科目群があります。

【全学科目の詳細 掲載場所】本学ホームページ
https://www.kwansei.ac.jp/education/wide_programs/  )

【全学科目の履修・申込に関する諸注意】

kwic→『キャビネット』→『教務機構』→『授業関連』 →『全学科目について』
https://kwic.kwansei.ac.jp/cabinet/area/detail?areaId=2083&directLink=1