受  賞 2018.11.16.
多田修平さんがスポーツ部門で大賞/日本学生支援機構の優秀学生顕彰

多田修平さん

多田修平さん

 奨学金の貸与・給付や留学生支援などの事業をしている独立行政法人日本学生支援機構は11月16日、2018年度の優秀学生顕彰の選考結果を発表。スポーツ部門の大賞に、陸上競技部で活躍した法学部4年の多田修平さんが選ばれました。昨年の日本選手権で2位に入って世界陸上の日本代表に選ばれ、4×100mリレーで銅メダルを獲得したことなどが業績として認められました。

 この顕彰は、部門での資質能力だけでなく、学業成績が平均水準以上で学業を確実に終了できると認められた学生が対象で、学術、文化・芸術、スポーツ、社会貢献、産業イノベーション・ベンチャー、国際交流の6部門があります。今年度のスポーツ部門には50人の応募者があり、その中から大賞2人、優秀賞2人、奨励賞10人が選ばれています。ほかの分野で大賞に選ばれたのは、学術3人、文化・芸術3人、社会貢献1人、産業イノベーション・ベンチャー1人。本学では2016年度に、全日本学生落語選手権『策伝大賞』で最高賞を獲得した松山直樹さん(商学部卒)が文化・芸術部門の奨励賞を受賞しています。