2022.11.02.
緊急の留学支援金に約9,000万円 急激な円安・インフレ等に対応

学生の留学(海外派遣)に力を入れている関西学院大学は、円安やインフレなど学生の留学を取り巻く急激な状況変化に対応するために、2022年度秋学期に実施される海外派遣プログラムに参加する学部学生を対象に、緊急の経済支援を行うことを決定しました。支援総額は約9,000万円、約1,000人の学生が対象になることを見込んでいます。円安やインフレなどの影響を強く受けて費用が特に高騰している短期の留学プログラムの参加者は奨学金に加え、一律8万円の支援金を追加で受給でき、交換留学など中長期の留学プログラムの参加者は奨学金の半額を支援金として受給(奨学金と合わせて従来の1.5倍)できる予定です。(下表)。

<奨学金・支援金>

奨学金額 支援金額
交換留学 1年 30万円 15万円
交換留学 1学期 15万円 7.5万円
長期留学 1年 50万円 25万円
長期留学 1 学期 25万円 12.5万円
中期留学 20万円 10万円
国際社会貢献活動 30万円 15万円
短期プログラム アジア:3 万円
以外:5 万円
8万円
オンラインプログラム 2万円

関西学院大学が提供する海外派遣プログラムは以下のURLよりご覧ください。 

国際教育・協力センター「プログラムから探す」関連ページへのリンク

■背景
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、2020年3月以降、ほとんどの留学プログラムが中止を余儀なくされ、ほぼすべての現2、3年生が留学機会を逸しています。2022年度に入り、留学プログラムの再開が本格化しましたが、急激な円安、インフレ、原油高に伴う燃油サーチャージの上昇による航空運賃の値上がり等によってプログラム費が高騰。秋学期に実施するすべてのプログラムの費用が2019年度と比べて上昇しており(最大約1.9倍)、経済面から留学を断念せざるを得ない学生が増えることが懸念されています。今回の支援により、学生が在学中に留学の機会を失わず、希望通り挑戦できる状態を目指します。
2023年度の留学支援は円安、インフレ等の状況を勘案し、支援の実施および支援内容について判断する予定です。

■その他の支援
新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって留学機会を逸した学生の留学を支援するため、コロナ禍の影響を強く受けた特定年度(2019年度~2021年度)に入学した学生が1学期以上の留学プログラムに参加し、それによって、標準修業年限の4年を超えた場合に納付する学費を免除する経済支援制度を設けています。 
 
■関西学院大学について
14学部・14研究科を持つ総合大学。2014年度に文部科学省のスーパーグローバル大学創成支援事業に採択され、日本社会のグローバル化を牽引するためのグローバル人材の育成・輩出を目指して、事業を推進しています。2018年度には協定校への派遣学生数で日本一(独立行政法人日本学生支援機構「協定校等に基づく日本人学生留学状況調査」)を達成。豊富な留学プログラムも特長の一つです。