経営戦略研究科

関西学院大学から、世界のビジネスシーンへ
高度な専門知識とグローバルな感性を備え次世代のビジネスリーダーとなる

経済活動における急速なグローバリゼーションは、企業や公的機関を取り巻く経営環境を大きく変化させ、既存のビジネスモデルやマネジメントシステムを継続する戦略だけでは通用しない時代を迎えています。関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科は、世界規模で流動する多様な状況に対して適切かつ迅速に対応するとともに、新たな企業や自治体の経営を主体的に創造する、先駆的な戦略を構築する力を育成します。これからの企業経営や公共サービスに求められる高度な専門的知識とグローバルな視点、そして国際レベルのスキルを備えた21世紀型の経営、会計のプロフェッショナル人材の育成をめざします。

経営戦略研究科での学び

経営戦略専攻(ビジネススクール)

企業経営戦略コース
主に平日夜間および週末のコースワークと課題研究を提供する社会人向けのプログラムです。交通至便な大阪梅田キャンパスで、仕事と両立しながら国際標準のMBA教育を受けることが可能です。ケーススタディやグループワークなどの手法も取り入れた実践的なカリキュラムにより、問題の発見、課題解決能力を高めることが可能です。
国際経営コース
主に大学新卒者、外国人留学生を対象に英語によるMBA教育を提供しています。英語でビジネスを遂行できる高いコミュニケーション能力と国際感覚を養い、ビジネスのフィールドを世界に求めることができるグローバルなビジネス・パーソンを養成します。Management/Marketing/Financeの3つのプログラムに加え、国連、国際NGO、外交機関などの国際公共組織で活躍するプロフェッショナルを育成するGlobal Public Management Program を開設しています。

会計専門職専攻(アカウンティングスクール)

経済活動の高度化、複雑化、グローバル化が進み、会計の社会的重要性が高まっている現在、公認会計士は、量的な拡大と質的な向上が求められている監査証明業務の担い手として、あるいは、多様化の一途をたどる会計業務や租税業務の担い手として、経済社会における重要な役割を担うことが強く求められています。また、会計と監査に対する社会的な期待は、民間部門のみならず政府や地方自治体などの公的部門からも大きくなっており、これらに対応できる公認会計士や職業会計人の養成が、重要な課題になっています。アカウンティングスクールでは、「グローバルスタンダードな視野と高度な理論に基づく、実践的教育」を理念に、こうした社会的要請に応える公認会計士等の職業会計人の養成をめざします。

先端マネジメント専攻(博士課程後期課程)

企業や地方自治体など、行政機関のマネジメントに関わる問題を幅広く扱うのが先端マネジメント専攻。研究者の養成とともに応用性の高い研究に積極的に取り組み、実社会へのつながりを重視しながらその成果を社会に還元します。先行研究や実社会での事象を十分に踏まえつつ、高度な分析手法と優れた考察で独創的な知見や政策を発信し、先端的な課題の解決を図ります。

特色

  1. クォーター制

    1年を4つの学期に分け、原則として週2コマ×8週間で1つの科目を履修するクォーター制で授業を行います。短期間で1つの科目を集中的に学ぶことにより、効果的な学習を可能にします。例えば、社会人学生は、業務繁忙期に履修を減らし、別のクォーターでそれを補うという柔軟な履修が可能となります。
  2. 早期修了コース

    社会人学生※は入学時の申請により、通常2年間で修得する修了必要単位数を1年半で修得し、修業年限を短縮する(1年半で修了)ことができます。また、入学前に科目等履修で修得した単位を生かして、 1年で修了することも可能です。 ※入学時点で3年以上の実務経験を有する者
  3. 入学チャンスは春・秋の2回 ~春学期入学(4月)・秋学期入学(9月)~

    学びたいと思ったときが入学のチャンスです。経営戦略研究科は、4月(春学期入学)に加えて、9月(秋学期入学)に入学の機会を設けています。多くの社会人、外国人留学生、そして留学から帰国した学生などがこの秋学期入学の制度を活用しています。

ビジネススクール 学びのステップ

ビジネスを学ぶうえで基礎となる知識を修得した後、主専攻(プログラム)と担当教員を選択し、専門的科目の学習と、2年間の学習の集大成として課題研究を行う。

ビジネスに関する基礎知識と英語能力を修得した後、Management /Marketing/Finance Programの学生は、主専攻(プログラム)と担当教員を選択し、専門的科目の学習と、2年間の学習の集大成としてIndividual Researchを行い、Global Public Management Programの学生は、国連、外交機関でのインターンシップを行う。

アカウンティングスクール 学びのステップ

職業会計人として、バランスのとれた知識を身につけるため財務会計、管理会計、監査、経営・経済、企業法の5つの分野を体系的に学ぶ