関西学院世界市民明石塾

[ 編集者:国連・外交統括センター        2021年4月2日   更新  ]

全国の高校生対象、今年度はオンライン開催!

塾長は明石康・元国連事務次長

2019年度明石塾の様子

2019年度 関西学院世界市民明石塾の様子

関西学院大学は、ミッション「“Mastery for Service”を体現する世界市民の育成」の下、将来グローバルリーダーとなることをめざす高校生を対象に、国際的視野と主体的な課題解決力、コミュニケーション力等を涵養するための契機として、元国連事務次長の明石康氏を塾長に迎え「関西学院世界市民明石塾」を開講します。

今年度は、新型コロナ感染症の感染状況に鑑みオンライン(Zoom)で開催します。(なお、昨年度は新型コロナ感染症の影響により開催中止いたしました。)

2021年度実施概要

塾長
明石 康 氏(元国連事務次長)
講師
神余 隆博・関西学院大学 国連・外交統括センター長(元駐ドイツ大使、元国連大使)  
久木田 純・関西学院大学 SGU招聘客員教授(元国連児童基金(UNICEF)駐カザフスタン代表)
マッケンジー クラグストン・関西学院大学 特別任期制教授(前駐日カナダ大使)
三輪 敦子・関西学院大学 SGU招聘客員教授(アジア・太平洋人権情報センター所長、SDGs市民社会ネットワーク共同代表理事) 他

テーマ
「Challenges for SDGs!~地球の未来 / Future of Our Planet~」
(SDGs Goal 13:気候変動に具体的な対策を、Goal 14:海の豊かさを守ろう、Goal 15:陸の豊かさも守ろう、を中心に)

実施期間
プレセッション 2021年7月31日(土)(半日予定)
本セッション  2021年8月 4日(水)(終日予定)・8月5日(木)(終日予定)

実施形態
プレセッション・本セッションともにオンライン開催(オンライン会議アプリケーション「Zoom」を使用)

参加費(参加者自己負担額)
12,000円
※参加費支払後の自己都合による参加取止めについては、取止め時に発生している実費相当分をキャンセル費として頂きます。
 ただし、不測の事態等により本学が開催を中止した場合、参加費は全額返金します。
※オンライン参加にあたり、機器の準備やインターネット通信に係る費用は参加者負担とします。

募集人数
30名程度(選考あり)
文部科学省 旧「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)ならびにSGHアソシエイト校、「ワールド・ワイド・ラーニング」(WWL)連携校を初めとする全国の高校1~3年生を対象に公募します。詳しくは募集要項をご覧ください。

主催
関西学院大学

後援
文部科学省

2021年度「関西学院世界市民明石塾」ポスター

2021年度募集要項

以下のPDFファイルをご参照ください。
応募受付期間は、2021年 5月31日(月)~ 6月9日(水)です。【当日消印有効】

2021年度「関西学院世界市民明石塾」募集要項

応募書類宛名フォーム

応募書類送付の際は、こちらの宛名フォームをご使用ください。

応募書類宛名フォーム

問い合せ先

関西学院世界市民明石塾 事務局 (国連・外交統括センター) 
TEL. 0798-54-6436 
e-mail: akashijuku<at>kwansei.ac.jp
※<at>を@に変換してください

ご参考まで、2019年度の開催の様子は、以下のリンクページからご覧いただけます。

2019年度「関西学院世界市民明石塾」を開講

こちらの様子(動画)も、ぜひご覧ください。(2016年度実施)

※動画内の情報は2016年当時のものです。