[ 司法研究科 ]修了生の声

【検事】 小原 彩那さん

小原 彩那さん
小原 彩那さん

マニュアルでは絶対に処理できないような仕事ばかり。
だからこそやりがいを感じるし、探求心をもって何事にも食らいつく という想いを胸に、楽しみながら日々の仕事に取り組んでいます。

 

仲間とともに切磋琢磨し、支え合った日々。
至れり尽くせりの万全な環境で勉強に取り組む。

私は大学の頃から刑事ドラマや推理小説が好きでした。そこから“捜査”というものに魅力を感じ、検察官になりたいと思ったこ とがロースクール受験のきっかけでした。
その中でも関学ロースクールは、修了生による多彩な学習サポート、少人数学習の徹底、手厚い奨学金制度など、自分にとって 最適な環境が整っていました。
関学ロースクールには皆で支え合い、切磋琢磨して合格をめざす風土があります。目的意識の高い学生同士で刺激しあいながら、 授業やグループ学習に取り組むことができました。勉強漬けの毎日でしたが、定期試験後に友人と打ち上げに行き、朝方まで飲み 明かしたことも良い思い出です。私が1回目の司法試験で不合格となり意気消沈していた時も、友人が励ましてくれたおかげで “もう一度がんばろう”と思えたし、最終的に合格することができました。私にとって仲間の存在はとても大きなものでした。
その後司法修習生になり、検察修習で初めて取調べを経験した際「これまで分かっていなかった事実を、被疑者に話を聞くこと で知ることができる、そしてそこから新たな事実が分かる。」といった一連の流れを学びました。この経験を通して“捜査”というもの に大きなやりがいを感じ、検察官を志望しようと改めて決意しました。
検察官の仕事の中心は、被疑者・被害者・参考人といった事件の関係者から話を聞くことです。事件によって問題点は異なるの で、その点を意識して関係者から話を聞くことになります。それぞれ立場が違えば事件についての見方も異なるため、相手の考えを 汲んで形にする必要があります。マニュアルでは絶対に処理できない仕事だからこそ、やりがいを感じています。

【企業法務】 荒川 真理さん -弁護士・株式会社SCREENホールディングス 勤務-

荒川 真理さん
荒川 真理さん

グループ企業の法務を担う環境で、社会の実情を学ぶ日々。
案件から学ぶことは多く、興味は尽きません。

 

今の自分を支えているのはロースクールで仲の良い友人と一緒に学んだことです。

学部生時代に早期卒業や手厚い奨学金制度があることを知り、通い慣れた関西学院のロースクールに進むこと を決意。先生方の対応が細やかで、学習環境も整っていると感じた点も入学を決めたポイントです。
少人数で取り組める土曜ゼミは、気心の知れた友人たちと自分の得意分野を教え合ったり、気になる部分を突っ 込んで聞けたり、一緒に楽しみながら学ぶことができました。一度目の試験では惜しくも合格点に届かなかったので、 二度目の試験に臨む際は、苦手な科目を克服する等の改善を試みました。そのために土曜ゼミの通信添削をフル活 用し、「書く力」を強化。卒業後の勉強は孤独でしたが先生や先輩方から暖かい励ましの言葉をいただき、無事試 験に合格することができました。
修了後はすぐに法律事務所で勤務するよりも、まず社会の仕組みや企業法務の実務を勉強しておきたいと思っ たため、一般企業の法務部門で勤務することに。民法や商法、労働法などロースクールで学んだ知識を活かしなが ら奮闘する日々ですが、企業法務と一口に言っても扱う案件の幅は広く、例えば独禁法や知財法の知識が必要とな ることもあり、さらなる勉強に励んでいこうと思っています。海外取引も多いので、英語力の強化や国際取引に関する 知識を身につけることもこれからの課題です。将来的にはさまざまな法律の知識を活かしてさらに活躍したいと考え ています。

【弁護士】 青木 良和さん -かけはし法律事務所 勤務-

青木 良和さん
青木 良和さん

今の業務の根幹をなすのはロースクールでの学び。
2年間で学んだ知識と経験をフル活用して、困っている人の力となれるよう、日々努力しています。

 

関学ロースクールで学んだ2年間で、なくてはならない弁護士の「いろは」を学べました。

弁護士という職業に対する憧れと「自由」というイメージから、弁護士をめざすようになりました。
周りの友人が就職活動をしている中、自分一人だけ進学という道を選択しているということに不安はありましたが、 学生時代を過ごした馴染みある場所で勉強を続けたいという思いから関学ロースクールを選択。奨学金などの金銭 的サポートが充実している点も魅力です。
在学中は色々と試行錯誤しながら勉強したことを覚えています。一人で勉強することも多かったですが、力を貸し てくれる友人や先生方に恵まれ、充実したロースクール生活を送ることができました。依頼者の抱える問題をどのよう に法律分野の内容に落とし込んでいくか、情報の集め方や調査の手順など、ロースクールで学んだ知識やスキルが 日々の仕事の根幹になっています。
私が仕事をするうえで一番やりがいを感じるのは、「困っている人の力になれる」という点にあります。我々の元に来 る人たちはトラブルに巻き込まれていたり、悩み事を抱えていたりする場合が多数。そのような人の力となり、元の生活 を取り戻せた時の安堵や喜びの表情を見たとき、弁護士になってよかったと実感します。現在はその一環として企業 を相手とする消費者問題に取り組んでいます。目の前の依頼者の力となるばかりでなく、社会に良い影響を与えられ るきっかけを作り出したいです。

【公務員】 内川 良さん -群馬県庁 勤務-

内川 良さん
内川 良さん

ロースクールで得た知識と経験が生きる職場。
法令への理解を深めながら行政としての説明責任を果たす。

 

授業を受けて終わり、ではないロースクール。
様々な人とのつながりを糧に成長できる環境です。

関学ロースクールに入学を決めたポイントは、学習環境が充実しているところです。勉強したいと思えば学生のやる 気の分だけステップアップすることが可能。例えば土曜ゼミでは司法試験受験を経験したOB・OG弁護士の方と交流 する機会があり、疑問を解消するだけではなく、論述の方法などの試験に関するテクニカルな部分も教わることが できました。また、「2年生の夏頃は○○くらいの成績をとっておいた方がいい」というような具体的なアドバイスももら えるので、目標を立てる際にも参考になったことを覚えています。授業は内容の濃いものばかりで予復習が重要。毎回 苦労したことを覚えています。その中で学習の支えとなったのは周囲の友人たち。一緒に勉強することで、分からな い部分をなくし、一人では気付けなかった部分に気付かせてくれるなど、多くの場面で助け合うことができました。
友人たちと地域のイベントに一緒に参加した際に、イベントスタッフの方々の成功への熱意に圧倒され、自分も地 域のために働きたいと思うようになりました。元々困っている人々の手助けをしたいと思っていたことに加え、ロース クールで学んだことを生かせる場として選んだのが、地元でもある群馬県庁。県の保有する公文書の開示請求や、 情報公開に係る条例の解釈・運用について他部署からの問い合わせに対応しています。授業で学んだ「法令等の 趣旨や目的から条文を解釈すること」を意識し、前例がない場合も精度の高い回答ができるように法令への理解を 深めながら、適切な行政運営に貢献していきたいと思います。