[ 司法研究科 ]在学生のロースクール生活

1年生 甲田 もと美さん(未修) - 関西学院大学法学部法律学科卒業 -

甲田 もと美さん
甲田 もと美さんスケジュール

仲間や先輩、教職員との「連携プレー」の中で
法曹に必要な知識・能力・心得を習得できる環境があります。

ロースクールをめざした理由

私が法曹をめざした理由は、法律事務所で事務員として勤めていた際、目の前で助けを求める人々を救えない立場であることを痛感したためです。周りに相談できない悩みを抱え、解決策を知らないまま、やり過ごすように生活する人は、案外身近なところにいます。そういう人が気軽に相談できて、前を向いて進めるきっかけを与えられる弁護士になるため、ロースクール進学を決意しました。関西学院大学法学部時代、人との関わりを大切にする学生や気さくな指導者に出会う中で、関西学院の魅力を肌で感じていました。また所属ゼミ担当教員から勧められたこともあり、関西学院大学ロースクールでは法曹にとって必要な知識と心得を学ぶことができると考え、入学を志望しました。
 

入学した今、関西学院の魅力

現在は夢の実現に向け、まずは司法試験合格を胸に勉強に励んでいますが、入学当初は勉強が苦手で長続きしな い性格の私には、不安もありました。しかし、熱心な教員による授業・課題を利用しながら自学に励む中で、その不安を 払拭することができました。また個性豊かな同期生と共に切磋琢磨する中で、継続して勉強する力がつき、相談しや すい先輩方からアドバイスを得ながら、こまめに勉強計画を立て効率的に過ごすことができています。さらに、学校の 施設や制度の仕組みについての疑問は事務職員が解決してくださる点も心強いです。勉強を継続するためには、 「自学自習をどれだけ充実させられるか」が重要だと思います。ただ一人で勉強を頑張るだけでは、不安や悩みがつ きず、長続きしません。関西学院大学ロースクールは、目標に向かって真摯に取り組めば、周囲の人との連携プレーで 法曹に必要な知識・能力・心得を習得でき、合格への道を歩めるよう成長させてくれる場だと思います。ぜひ、皆さんも 共に学び、己の進むべき道を切り拓きましょう!

2年生 南 早紀さん(既修) - 中央大学法学部法律学科卒業 -

南 早紀さんさん
南 早紀さんさんスケジュール

丁寧な指導が受けられる
「少人数制授業」と弁護士の先輩による「土曜ゼミ」を併用。
仲間と切磋琢磨しながら、力をつけています。。

ロースクールをめざした理由

手厚い奨学金制度があり、キャンパスはアクセスが良く利便性も高い西宮北口駅直結であること、伝統あるロー スクールであることに魅力を感じ、関西学院ロースクール入学を志願しました。

入学した今、関西学院の魅力

入学当初は他大学出身であったため、関西学院大学出身の人や先輩方と馴染めるだろうか、充実した人的物的環 境があるか不安もありました。しかし、入学してみるとその不安は消えました。関西学院からの入学者も他大学出身者も 大体半々の割合で、入学時の懇談会やクラス制度により仲を深めることができます※。先輩方と自主ゼミを組んでいる 人も多いです。学生同士で協力し合いながら、ラウンジや多目的室を使用してわからない箇所についての質問や議論 を行い、切磋琢磨しながら力をつけていくことができます。さらに、先生方は指導熱心な方が多く、授業中や授業後の質 問に答えてくださるのはもちろんのこと、起案等も丁寧に見てくださいます。授業も少人数制のため、発言もしやすい環 境です。また、自主ゼミに先生が入ってくださったり、本学ロースクール出身の実務家が講師を務めてくださる土曜ゼミと いう制度があります。私も土曜ゼミを活用していますが、苦手科目や集中したい科目のゼミを受けることができ、自習のみ では補えない知識や起案等の技術を向上させられます。特に、通常時では授業の予習復習が中心となることから、私 は起案や司法試験の過去問などの勉強まで手が回らず、一人での自習では後回しになりがちでした。そこで、土曜ゼミ を受講することによって、土曜ゼミのスケジュールに沿って起案や過去問等の検討をする機会を確保しています。豊か な人的物的環境の整った伝統ある関西学院ロースクールで、共に高みをめざしましょう。

※割合や実施プログラム等は年度によって変更する可能性があります。