参加学生の声(山田 楓さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2016年10月5日 更新 ]

山田 楓 (Kaede Yamada)

山田さん写真1

 カナダで過ごした三ヶ月間は、自分にとってかけがえのない思い出になりました。毎日がとても充実していて、カナダのことが大好きになりました。
 まず、私はこの留学に参加するかどうかとても迷っていました。自分の英語力に不安があり、三ヶ月も海外で生活するなんて無理だと思っていたからです。でも自分の英語力に不安があったからこそ、時間のある留学前の春休みに英語を勉強することを決めました。語彙を増やすために、単語帳をやりこみました。さらに、自分のリスニング力も低いことがわかっていたので、海外のニュースやポッドキャストなどを使い勉強しました。留学前に持っていた英語力と、留学に行って伸びる英語力は比例すると思うので、留学前に少しでも多く英語の勉強をしておくことをお勧めします。
 カナダに行って最初の頃は、英語も聞き取れず伝えたいことも伝えられず、正直楽しいよりもしんどい気持ちの方が大きかったです。日本の友達にとても会いたくなり、よく電話したりしていました。自分の英語力がまだまだでも、カナダでの貴重な日々は過ぎていくのでとにかく知らない単語が出てきたらその都度調べたりするなどがむしゃらに勉強を続けていました。授業でもわからないことがあったらできるだけ先生に質問するようにしていました。授業では、わからないことがあったらすぐ質問できる環境が整っていたと思います。そうすると徐々に英語が聞き取れるようになり、話せるようになってきました。今までできなかったことができるようになった時の喜びはすごく大きいものがありました。

山田さん写真2

 ホストファミリーとの生活でもたくさんの思い出ができました。マザーが私の前にも日本人の留学生を受け入れたことがあり、味噌汁やご飯が食卓に並んだ時はすごく嬉しかったです。マザーの誕生日パーティーなどもあり、彼女の友達と交流できたりもしました。また、途中から中国人のルームメイトと一緒に生活をしていました。彼女とも仲良くなることができ、日本と中国に関する話などをして異文化交流ができました。色々な話を英語ですることができ、自分の英語力の上達に繋がったと思います。
 この留学は自分にとってとても有意義なものでした。普段とは違う環境の中で様々なことを経験し、色々な文化の人と触れ合うことができました。留学に行って学んだことを将来に活かせるように、これからも英語の勉強などを継続して頑張っていきたいと考えています。