参加学生の声(馬場 みなみさん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2016年10月5日 更新 ]

馬場 みなみ (Minami Baba)

馬場さん写真1

 私はこの留学に行く前、とても不安でした。ホストファミリーと上手くやっていけるのだろうか、授業にちゃんとついていけるのだろうか、どんな困難にあうのだろうか、など、楽しみより不安のほうが勝っていました。しかし、実際にはカナダで過ごしているほうがとても快適で、ストレスなく過ごすことができました。また、帰国してから英語を勉強するモチベーションが上がり、自分が少しだけ成長したことが実感できたので、留学は私にとって最高の経験となりました。
 まず、授業は文法の基礎から教えてもらえたので、文法の細かいところまで質問し、理解できました。担当の先生はおしゃべりで、クラスメイトもたくさん質問したり、意見を言ったりしたので授業が授業でない感じでした。アットホームな雰囲気だったので、毎日授業が楽しく、留学前より英語がとても好きになりました。そして、私のホストファミリーは、とても優しくて、一緒にスーパーやレストラン、キャンプなど、色んな所に行き、料理も作ったりして、家族の一員として私を受け入れてくれました。私の聞き取りづらい英語でも、ちゃんと向き合って聞いてくれ、カナダのことなど色んなことを教えてくれました。ホストマザーと話す内容が、日本では話さないような内容が多くて初めは戸惑いましたが、興味が広がりました。ホストファミリーのおかげで毎日幸せな日々を過ごせたので、とても感謝しています。

馬場さん写真2

 また、やはり一番楽しかったのは、旅行です。見慣れない土地を歩き回るのがとても楽しくて、スクールトリップだけでなく個人でも旅行にいきました。街並みや観光地を見るのも楽しかったのですが、向こうの人と会話をすることも楽しくて、思い出がたくさんできました。特に、ブレイクウィークで行ったプリンスエドワード島は、きれいな景色と素敵な人に出会い、今までで一番良かった旅でした。
 留学中は、将来のことや留学、自分について考える余裕があったという点でも、充実した時間を過ごせました。いつもと違う環境にいると、当たり前のことが、当たり前ではなかったということに気づいたりして、自分の価値観が大きく広がる実感を得ました。今は、この貴重な経験をさせてくれた両親に感謝し、留学で得たこと忘れずに、できるだけそれを生かしていけるように日々生活していこうと思います。

馬場さん写真3