参加学生の声(高橋季沙さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2015年10月29日 更新 ]

高橋 季沙 (Kisa Takahashi)

高橋さん写真1

 私の人生を通した目標は世界中に友達をつくることです。しかし、私は英語が嫌いでした。外国には興味があるのに、英語には興味がない、これがわたしの悩みでした。これを克服するため私はこのプログラムに参加しました。周りのみんなとは少し違う理由だったと思います。カナダでの三ヶ月間を通して、わたしは英語を学ぶ楽しさを知りました。そう思わせてくれたのはQueen’sの先生たちやその授業のおかげです。先生たちは英語はもちろん、それだけでなく、他にもたくさんのことを教えてくださいました。授業の中ではカナダの文化や歴史、経済や環境のことまで学び、自分の国のことも考えたり紹介する機会がありました。それぞれの話題ごとにみんなで意見交換し合いました。他の国からの留学生もいたので、様々な国のことを知れて面白かったです。私にとってはどれも興味深い話で、毎日の授業がとても楽しかったです。日本では机に向かって教科書と向き合う英語の勉強をしていましたが、カナダでは実際に使って学ぶことができました。卒業式で大好きな先生たちから証書を受け取りハグしたときには涙が止まりませんでした。

高橋さん写真2

 英語の楽しさを教えてくれたのはQueen’sの先生たちだけではありません。わたしの留学生活に欠かせない存在だったのがホストファミリーです。ホストファミリーは私を本当の家族のようにして受け入れてくれ、毎日学校や友達の話をしたり、週末にはビーチや親戚の誕生日会など色々なところに連れて行ってくれました。私が宿題に苦戦しているときはアドバイスをくれたり、悩み事があるときには相談に乗ってくれました。帰国するときにホストファミリーの涙を見ました。それを見て、私にはカナダにも帰ってくる場所、待っていてくれている家族がいるんだと思いました。2020年東京オリンピックのときにホストファミリーが日本へ来るそうです。そのときに日本の魅力を存分に伝えられるよう、これからも英語力を向上させていきたいと思います。

高橋さん写真3