参加学生の声(藤本賀子さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2014年10月8日 更新 ]

藤本 賀子 (Kako Fujimoto)

藤本さん写真1

 カナダ英語留学から約1か月が経ちました。本当にあっという間の3か月間でした。
 私のホストファミリーは、両親とともに子供が3人と犬2匹いて、とても賑やかな家庭でした。晩ごはんの時間には、必ず一人ずつその日どんな出来事があったのか報告するルールがあり、最初は緊張して積極的に話せなかったのですが、ホストファミリーと毎日会話することで、だんだんと慣れて自然と話せるようになりました。学校から帰ってきたあとは、近所の子供たちと外で鬼ごっこをしたり、夜はホストファミリーとポップコーンを食べながら、映画やコメディ番組を一緒に観たり、休みの日はドライブやサイクリング、犬の散歩によく出かけました。私と一番歳が近いホストチルドレンは日本が大好きで共通の趣味も持っていたので、よくお互いの国や趣味について話したり、日本のアニメを英語版で観ました。ホストファザーとマザーは毎日三食分、食事を用意してくれ、本当に感謝しています。また、私の英語の発音の仕方や文法が間違っていると、丁寧に教えてくれて、私の想像以上のすばらしいホストファミリーでした。

藤本さん写真2

 クイーンズ大学はフレンドリーでおもしろい先生が多く、クラスメイトも積極的に先生に質問する外国人が多かったので、毎回授業が楽しかったです。担任の先生は、私たちのレベルにあった授業の進め方をしてくださり、また積極的に生徒が質問しやすい雰囲気を常に作ってくれたので、私も授業の途中で分からないところがあれば、すぐに質問することができました。英語で見て聞いて書いて話す毎日はかなり大変でしたが、その環境の中で、何事にも自信をもって取り組むことが大切だと思いました。
 この3か月間、毎日が異文化交流で新しい発見がいっぱいで、休日にはカナダ国内の旅行にも行き、日本では体験することができない貴重な経験をすることができました。ホストファミリーやクラスメイトをはじめ、カナダで出会った人々と過ごしたこの3か月は私にとって、かけがえのない思い出です。この留学に参加して、本当によかったです。この機会を与えてくれ、いつも応援してくれた両親に心から感謝しています。これからはこの3か月間の経験を、どう生かしていくのかは自分次第だと思うので、無駄にしないように今後につなげていきたいです。