2020年司法試験 合格者の声

[ 編集者:大学院 司法研究科       2021年4月30日   更新  ]

一緒に夢を叶えてくれる関学ロースクール

木村さん

木村 貴史 さん > 

 2015年3月 関東学院大学 法学部法学科 卒業
 2016年4月 関西学院大学 司法研究科 入学(既修者コース)
 2019年3月 関西学院大学 司法研究科 修了
 2020年   司法試験 合格

------------------------------------------

           

  私は19歳のときに父を亡くし法律問題に巻き込まれました。法律事務所をいくつも訪ね歩いたのですが、たらい回しにされ非常に寂しい思いをしました。法律問題を自力で解決したい、私と同じような境遇の人を救いたいという思いで、大学4年生の後期に法律家になろうと決意しました。 

さまざまなロースクールを受験しましたが、私は関西学院大学法科大学院(以下、関学ロースクール)の入学前準備講座・通信添削といった入学前サポートに心を打たれるとともに、先生方との距離の近さに魅力を感じ、関学ロースクールに入学することにしました。

法科大学院在学中には、授業の予習やテスト勉強に追われ、勉強が思うように進まず落ち込んだことも多かったです。 このようなとき、関学ロースクールの教員の先生方は、「先生が」近いという宣伝に違わず、いつでも個別に相談にのって頂けます。先生方はオフィスアワーの時間や授業の合間を利用してゼミを開いてくださったり、研究室で悩みを聞いてくださったり、公私ともに私を支えてくださいました。また教員の先生方だけではなく関学ロースクールを修了した弁護士の先生方も、土曜ゼミという形で指導してくださり、ゼミ中・ゼミ外を問わず、私が理解できるまでトコトン議論に付き合ってくださいました。

そして修了後も、先生方とのゼミ・修了生弁護士との土曜ゼミを始めとして、模試等の受験料補助といった学習支援サービスも受けられました。関学ロースクールは修了後も在学中と変わらぬ学習環境を提供してくれる、というところも魅力の一つです。

合格までの道が長く、不安になることの多い司法試験ですが、関学ロースクールは入学から司法試験合格まで学生を見放すことなく、一緒に歩んでくれます。

夢を夢で終わらせないために、司法試験に本気で挑みたい方は、ぜひ関学ロースクールを選択肢の一つにしてみてください。他校に負けないサポート体制で、司法試験合格まで引っ張っていってくれます。