2019年司法試験 合格者の声

[ 編集者:大学院 司法研究科       2019年11月19日   更新  ]

最短の5年間で司法試験合格。努力を実らす環境がある。

大森 楓 さん

< 大森 楓 さん > 

 2017年3月 関西学院大学 法学部(法律学科・司法特修コース)3年早期卒業
    同年4月 関西学院大学 司法研究科 入学(既修者コース)
 2019年3月 関西学院大学 司法研究科 修了
    同年   司法試験 現役(初回)合格

------------------------------------------

 私は、関西学院大学法学部司法特修コースに所属していました。
司法特修コースには、早期卒業制度があります。かねてから、私は「早期卒業なんて、飛び級をしているみたいで格好いいな」と思っていました。
早期卒業をするには、いくつかの要件がありました。その一つに、「関学ロースクールの入試に合格すること」というのがありました。早期卒業制度に興味を持っていた私は、関学ロースクールを受験し、そのまま進学することになりました。

 このような経緯でロースクールに入学したため、「法曹になりたい!」という強い思いを抱いていたわけではありませんでした。また、司法試験のこともよく知らない状態でした。そのため、入学当初は、周囲の人が法曹を目指した動機を知ったり、司法試験の壁の高さを感じたりする度に、私にはロースクールが向いていないのではないかと感じることがありました。

 しかし、入学した以上、周りに置いて行かれないように必死に食らいついていきました。1日のほとんど、ひいては1年のほとんどを学校で過ごすようになりました。
授業の予習を十分にする、授業で本当に理解できているか確認する、授業後には先生や学生と疑問点を議論する…この繰り返しの中で、自分が成長していきました。
ロースクールの授業は、司法試験に直結します。このように授業に食らいついていこうとすることで、自然と司法試験との距離は縮まっていきました。また、自分の成長を実感することが、勉強のモチベーションにつながりました。
このような、良い循環が作れたことが、合格のポイントになりました。

 とはいえ、時には自分の成長が停滞してしまい、落ち込むこともありました。そのようなときには、先生、同期、先輩、後輩など、色々な方が助けてくれます。
先生方は、授業時間外にも質問に対応してくださいます。なかなか理解が進まない私にとことん付き合ってくださり、励ましの言葉もかけてくれました。
また、関学には、合格者の先輩が在校生の授業補助・起案指導を行う土曜ゼミという制度があります。その中で、先輩は、単に指導をしてくれるだけではなく、悩み事の相談や不安の解消にも努めてくれました。

 このように関学ロースクールには、努力する人を支える体制が整っています。このような環境があったからこそ、法曹や司法試験から縁遠かった私でも、司法試験に合格できたと思います。このような環境で司法試験を目指したいという方は、関学ロースクールへの進学を選択肢の一つとしてみてください。