在学生からのメッセージ

幼児教育学コース

子どもの心に寄り添える
保育者になりたい

福岡・筑紫女学園高校出身
3年 大内田 萌


保育士をめざし、実習が充実している関西学院大学教育学部を志望しました。入学前はついていけるか不安だったピアノの授業も、基礎から学ぶことができ、自分のペースで進められるので安心して取り組むことができました。実習では、絵本の読み聞かせやピアノの弾き方など、授業で学んだことを実際に体験するとともに保育者の働きかけに対する子どもたちの心の動きを感じました。言葉がけを工夫したり、環境を整えるなどして、子どもの気持ちに寄り添うことの重要性を確認することができました。授業や実習で学んだことを活かし、子どもたちと心を通わせることができる保育者になりたいと思います。

 

初等教育学コース

授業、実習、サポート活動、
多くの学びの場に恵まれ、
教職への道を歩んでいます

富山・富山高校出身
3年 中島 佳愛


高校時代、力になってくださった担任の先生に憧れ、教職を志望しています。かねてから特別支援教育に興味があり、「知的障害教育論」「病弱教育論」などの授業で理解を深めています。教育学部は実習を通して学外の児童や先生方ともかかわることが多く、人との向き合い方について学ぶ機会に恵まれています。授業のほかにも障がいや発達特性を持つ大学生や子どものサポート活動にも参加することで、進んで学ぶ大切さに気づきました。
将来は一人ひとりの児童に真摯に向き合う教員になりたいと願っています。

 

教育科学コース

子どもたちが将来の選択肢を
増やせるようにサポートしたい

大阪・生野高等学校出身
4年 筒井 美帆


子どもたちの教育機会と家庭環境の関係について、疑問を持ちつつ過ごしてきました。大学では、教育はどうあるべきかということを肯定的かつ批判的に捉えてみたいと思い、教育科学コースを選択。入学後は隠岐島でのフィールドワーク、アメリカへの留学、学外のボランティアなど、幅広く挑戦しています。他学部の授業も履修できるなど、やりたいことを実現でき、自分の可能性を広げられる環境があると思います。さまざまな経験やたくさんの方々とのつながりを通して、知見を深めています。みなさんもぜひ一歩踏み出す勇気を持ってチャレンジしてみてください!