2018年司法試験 合格者の声

[ 編集者:大学院 司法研究科       2019年3月4日   更新  ]

実務家教員の「現場の声」をききながら、仲間と共に日々邁進(まいしん)。

mak

< 槙峯 未香子さん >
 2014年3月 関西学院大学 法学部(法律学科)卒業
   同年4月 関西学院大学 司法研究科 入学(既修者コース)
 2016年3月 関西学院大学 司法研究科 修了
    2018年 司法試験合格

------------------------------------------

 法律の勉強がしたい、その上でその勉強が仕事に繋がればいいな。そんな軽い気持ちで私は、ロースクール進学を決断しました。学部の4年間も関西学院に通っていたので、キャンパスの居心地の良さや、そのほか多くの支援がある点に魅力を感じ、本学ロースクールへ進学しました。
学部在学中に本格的な法律の勉強はしていなかったにもかかわらず、学校に通う期間は短い方が良いと安易に考え、既修者コースで入学しました。そのため,学習量がかなり多くなり、負担が大きかったです。勉強に取り組むにあたり、自分の習熟度を見極めることの大切さを痛感させられました。その後、講義を担当してくれる先生方の温かく丁寧なご指導があり、大きく成長することができたのだと非常に感謝しています。

 教員の先生方や事務室の方が、とても親身になって学生一人一人のことを考え、接してくれます。これが、関学ロースクールに通って1番良かったと私が感じることです。実務で活躍されている弁護士の先生方のお話から法曹としての楽しさや厳しさを知ることができました。そのお姿には憧れるものがあり、自分の将来を考える契機ともなりました。日々邁進される先生方のお姿に、私自身も現状に満足することなく向上する心を持ち続ける法曹でありたいと思うようになりました。そのためにも、学び続ける姿勢を大切にしたいです。

 最後となりましたが、関学ロースクールへ進学を考えている皆様へ。司法試験合格までの日々は過酷で辛いと感じるときもあるかもしれません。しかし、一緒に頑張っている仲間や先生方などたくさんの人に励まされ、必ず乗り越えることができると思います。頑張ってください。