2018年司法試験 合格者の声

[ 編集者:大学院 司法研究科       2019年3月4日   更新  ]

現役合格で、小学生からの夢「弁護士」の道へ。

fuku

< 福本 龍之介さん >

 2015年3月 近畿大学 法学部(法律学科)卒業
    同年4月 関西学院大学 司法研究科 入学(未修者コース)
 2018年3月 関西学院大学 司法研究科 修了
    同年   司法試験 現役(初回)合格

------------------------------------------
 私は、小学生の頃から弁護士になろうと決めていました。そして、大学生になった私はロースクールへの進学を自然と考えるようになっていました。とはいえ、特にそのために勉強することなく、気になった書籍を図書館で読む程度で、大学生活の殆どの時間をアルバイトや遊びに費やしていました。

 そのような大学生活を過ごし、司法試験の勉強を殆どしていなかった私でしたが、何としても現役合格をしたかったので、司法試験の合格率が高い国立のロースクールに進学しようと考えていました。そのため、当初、関学ロースクールに進学することを考えていませんでした。

 しかし、遊んでばかりいた私が志望するロースクールに受かるはずもなく、どのロースクールに進学するか悩みました。そこで、その頃、短答式試験の合格率が高く、私の家から近かった関学ロースクールに進学することを選びました。

 今振り返ると、関学ロースクールに進学できて良かったと思っています。時には、関学ロースクールへの進学は間違っていたかなと思うときもありましたが、私を理解してくれる先生や先輩、友人に巡り合うことができたのは関学ロースクールのおかげだと思っています。そして、関学ロースクールは、勉強はもちろんのこと「+α」を学ぶことのできるロースクールだと思います。

 私のように司法試験の合格率が高いロースクールに進学したいと思う人は多いはずです。そのようなロースクールに進学したい理由は、大学生の頃の私のように「現役合格」のためではないでしょうか。であれば、関学ロースクールに進学したとしても、現役合格をすることは難しくないですし、ここであれば、「+α」を学ぶことができます。これが、関学ロースクールの最大の特徴だと思います。

 ロースクールへの進学を考えている⽅々には、関学ロースクールへの進学を検討して欲しいと思います。