2017年司法試験 合格者の声

[ 編集者:大学院 司法研究科       2019年3月4日   更新  ]

教員や先輩が支える万全の教育環境で、仲間と共に切磋琢磨

司法試験合格者の声(藤掛昂平)


< 豊田 幸剛(トヨダ ユキタカ)さん >

 2014年4月 関西学院大学 司法研究科 入学(未修者コース)
 2017年3月 関西学院大学 司法研究科 修了
    同年   司法試験 現役(初回)合格

------------------------------------------

 関西学院大学ロースクールに入るまでの私は、法学部であったものの、法律の勉強などほとんどしたことがありませんでした。

 そんな私が1回目の司法試験で合格することができたのは、関西学院大学ロースクールの教育体制の充実度のおかげだと思います。
 
 関西学院大学ロースクールでは、未修者の1年生を対象に、上級生である2年生や3年生が勉強を教える“教学補佐”という制度があります。この制度があることで、普段の授業に対する理解がより深くなり、また、上級生との距離が近くなることでわからないことがあった場合に気軽に質問できる環境が構築されています。
 
 さらに、土曜ゼミという関西学院大学ロースクール出身の弁護士の先生がゼミを持って、答案の添削や指導をしてくださるという制度も存在します。どうしても普段の授業では実際に答案を書くという機会は少なくなってしまいます。しかし、土曜ゼミを利用することで、実際に司法試験に合格した先生に答案を見てもらうことで、答案を書く機会が増えるとともに、答案の書き方まで学ぶことができます。同じゼミを受けることで、ともに勉強をする仲間もできます。
 
 そして関西学院大学ロースクールで教えてくださる研究者や実務家の先生方は、どなたもとても親切で、質問をすればこちらが理解できるまで根気よく教えてくださります。また日々の授業もとても有益なもので、実際に私は司法試験の現場でも、「そういえば、あの先生がこの問題についてこんなことを言っていたなぁ」と授業を思い出しながら答案を作成していました。
 
 このように関西学院大学ロースクールでは学生のために非常に充実した教育環境が整っていて、司法試験に合格するための知識だけでなく、かけがえのない仲間もでき、ともに助けあうことで、日々高みを目指すことができます。