2019.07.13.
国連軍縮局上級政務官 河野勉氏による「国連・外交フォーラム」特別講演会を開催(7/12)

関西学院大学国連・外交統括センターは7月12日(木)、西宮上ケ原キャンパスにて
国連軍縮局 上級政務官 河野 勉氏による「国連・外交フォーラム」特別講演会を開催しました。
河野氏は、外務省にて在イラク日本大使館二等書記官を務められ、その後コロンビア大学等での客員研究員を経て国連競争試験に合格。国連では軍縮を専門に活躍され、2017年6月から国連軍縮局地域軍縮課次席を務めておられます。
講演会では、グテーレス国際連合事務総長が発表した軍縮アジェンダの3つの優先課題を中心に、大量破壊兵器の削減など軍縮・不拡散をめぐる国連の活動についてご紹介いただきました。
当日は24名が参加し、熱心に講義を聞きました。「米国・ロシアはなぜ必要以上の核を持つか」「北朝鮮との非核化交渉について」「日本は被爆国にも関わらずなぜ非核化に向けた条約締結に消極的なのか」など多数の質問も寄せられ、時間を延長して活発なディスカッションが行われました。

河野勉氏講演会

本学大学院及び副専攻「国連・外交コース」については以下をご参照ください。

関西学院大学大学院の入試情報はこちら↓ 外部サイトへのリンク

関西学院大学大学院副専攻「国連・外交コース」についてはこちら↓ 別ウィンドウで表示