2019年6月18日(火)
フェルナンド アリアス 化学兵器禁止機関(OPCW) 事務局長 講演会

[ 編集者:国連・外交統括センター       2019年6月10日 更新  ]

■日時: 06月 18日 (火) 11時 10分  ~  12時 40分

■場所・開催地:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス B号館 202教室


※会場がB号館 202教室へ変更になりました。/The place has changed.

* English follows Japanese *

国連関連機関である、化学兵器禁止機関(OPCW:Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons) のフェルナンド・アリアス事務局長をお迎えし、特別講演会を開催します。

■講演テーマ:
「化学兵器の使用を禁止するための国際的な取組について-最近の使用例を中心に-」

昨今の化学兵器使用事案(シリアにおける継続的な使用事案,マレーシアにおける金正男氏暗殺で使われたVXガス使用事案,英国における元露工作員に対するノビチョク使用事案等)を基に、OPCWの取組等についてご紹介いただきます。

■使用言語:英語(通訳なし)
■事前申込制:下記のWebサイトよりお申込みください。

---------------
Special Seminar by Director-General of OPCW
(Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons)


■Date and time: June 18, Tuesday / 11:10-12:40
■Place: Kwansei Gakuin University (Nishinomiya Campus), Building B, Room 202

■Speaker: Mr. Fernando Arias (Director-General of the OPCW)

■Topic:
International measures to prohibit the use of chemical weapons
– Focusing on the recent use cases –

■Language: English
■Online Advanced Sign-up is required.