関西学院大学社会学部HP

変化し続ける現代社会
多角的アプローチで読み解く

人と人、企業、地域、国家などの集団と人の関係性に注目し、メディア、心理、文化などの観点からアプローチする社会学部。
現代社会の本質に迫る社会学的想像力を養い、自分の関心を専門的に掘り下げるカリキュラムを編成しています。
自ら課題を発見し、解決できる専門知識と実践的な調査・分析能力を身につけ、社会を生き抜くことができる力とともに、社会をつくり、社会を支える力を育みます。

特色

  1. 4年間を通じた少人数の演習科目を主体的に学び、自身の研究を深めていく
  2. 社会学の基礎を学んだ後、興味・関心に応じて専攻分野を決定
  3. 人のつながりで学びを活性化する「ピア・エデュケーション」を推進
  4. 海外留学やSociology in Englishを通してグローバルな視点を獲得
  5. 社会で活きる「調査能力」が身につく実践的なカリキュラム

幅広い社会学の領域を6つの専攻分野に

専攻分野 MORE

社会学部は、他の多くの社会学部と異なり、学科制をとっていません。どのような分野を専門に研究するかを決めるのは、2年生の春学期。
2年生で選択するゼミによって専攻分野が決定します。
それまでに様々な講義を受講し、また先生や先輩の話をよく聞きながら、自分にとってもっとも興味をもつことのできる分野をじっくりと選ぶことができます。

社会学の領域を6つの専攻分野に

社会学研究科(大学院)

Graduate School of Sociology
社会学研究科 MORE

大学院生サポートプログラムなどを含めた体系的な教育プログラムにより、社会学、社会心理学、文化人類学・民俗学の先端的研究の推進、次世代研究者の養成、専門能力をもった職業人の育成をめざす

社会学部