土方ゼミ ARG第14回Webインテリジェンスとインタラクション研究会にて研究発表

[ 編集者:商学部・商学研究科      2019年7月15日   更新  ]
インタラクション研究会発表画像

 土方ゼミ4年生の上田龍汰さん、松原奈波さん、段ノ上愛子さんが、2019年6月28日(金)~29日(土)に兵庫県立大学神戸商科キャンパスで行われたARG第14回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2研究会)にて研究発表を行いました。WI2研究会は、Web・ソーシャルメディアにおける知的情報処理とインタラクションに関する学会で、第一線の研究者が集まる会議として有名です。

 上田さん、松原さん、段ノ上さんは、Webとソーシャルメディアにおけるマーケティングキャンペーンの基礎調査を行いました。Webから最新のマーケティングキャンペーンを200件収集し、それらを特徴づける22種類の属性を発見しました。また、それらの属性に対して5人の評価者によるクラスタリングを行うことで、マーケティング目的、マーケティング技法、商品・コンテンツ、対象ユーザ(消費者)の4つの分類があることを発見しました。

ポスターレセプション発表画像

 WI2研究会では、登壇発表に加えて、ポスターレセプションでも発表し、軽食をとりながら、他の研究者や業界の人たちと深い議論を行いました。実際のマーケティングへの応用に向けた、有意義なコメントをいただくことができました。

*本研究は、日本学術振興会 科学研究費助成事業・基盤研究(C)(19K12242)の助成を受けて行われたものです。

ARG WI2研究会
https://www.sigwi2.org/

土方ゼミ・研究トピック
http://soc-research.org/ja/research-topic-38/