柳井健一ゼミ

[ 編集者:法学部・法学研究科       2017年3月23日   更新  ]

どんなゼミ?

ハラスメントを受けたとき

身近にある憲法問題を4,5人の班に分かれてレジュメを作成し週替わりで発表をしています。発表の後、質疑応答を行い全員が一人一回以上発言します。題材は各班で自由に決定し、今まで扱った題材としては、生前退位、禁固刑以上の受刑者の選挙権についてなどがあります。

先生ってどんな人?

 学生たちにゼミの進め方を任せてくれる先生です。毎週の授業内容やゼミのイベントのBBQも学生たちに企画させてくれます。学生の自主性を伸ばしてくれる先生です。

柳井 健一(やない けんいち)教授関連ページへのリンク

ゼミの魅力は?

ハラスメントを受けたとき

コミュニケーション力を上げられることが魅力です。経済学部、文学部、総合政策学部のゼミと合同ディベート大会の開催や、法学部の他ゼミとの交流会など、自分たち以外のゼミと交流を持つ機会が多くあります。そこで新たな繋がりを得て自分の友達の輪を広げることができます。さらに新しい環境に飛び込みコミュニケーションを図る力が身に付きます。

ゼミ活動で得たもの

班のみんなで題材を決めレジュメを作り発表をするので、一人で作業していたら気づかない視点やグループワークにおける協調性を得ました。

後輩たちへのメッセージ

 サークルや部活やバイトが忙しくゼミをメインにしたくない人、大学生活で自信を持って話せることがなくてゼミを中心にしたい人、どちらの人にも柳井ゼミをオススメできます!ぜひ飛び込んできてください!