木村仁ゼミ

[ 編集者:法学部・法学研究科       2019年10月30日   更新  ]

どんなゼミ?

ハラスメントを受けたとき

 木村ゼミは、英米法を中心に学んでいます。また、はじめの授業で論文のテーマを決め、自分のテーマについて発表し、その発表を踏まえて、全員でディスカッションをします。テーマは、あらかじめ用意されているものの中から選んでもいいし、英米法に関するものであれば自分で新たに考えたものでも大丈夫です。
 

先生ってどんな人?

 とても親切で、話しやすい先生です。どんな質問にも丁寧に答えていただけます。
 

木村 仁(きむら ひとし)教授関連ページへのリンク

ゼミの魅力は?

   毎回授業でディスカッションをするので、ゼミの仲間の様々な意見を聞くことが出来ます。自分に今まで無かった新たな視点に気づけたり、どのように話せば説得力が出るのかなどを学べました。ディスカッションといっても固い雰囲気ではなく、なにか分からないことがあっても先生がフォローしてくれるので、人前で話すのがあまり得意でない人でも大丈夫です。

木村ゼミ

ゼミ活動で得たもの

法律について考える際、内側から見ているだけでは分からないことも多々あります。外国の法に触れ、比較する―つまり、外側からも見ることで、改めて自分の国の法律の強みや弱みを理解することが出来ました。これは、けっして法律の勉強だけに言えることではなく、日常生活の様々なシーンにも活かしていくことの出来る経験だと思っています。

後輩たちへのメッセージ

ハラスメントを受けたとき

 英米法なんて、今まであまり聞いたことのない分野かと思います。ですが、法を学ぶにあたって、一つの事柄を多角的に見ることの出来る興味深い分野だと思います。また、英語に触れる機会も多いので、留学に興味のある人にもおすすめです。木村先生も優しく、楽しいゼミなのでぜひ入ってください。