内山衛次ゼミ

[ 編集者:法学部・法学研究科       2017年3月30日   更新  ]

どんなゼミ?

ハラスメントを受けたとき



 内山ゼミでは、民事訴訟法について学びます。民事裁判での手続経過や重要な裁判例を学習し、そこでの問題について考えます。

 また、大阪地検や裁判所での証人尋問の見学もさせていただきます。実務の現場を生で見ることで、より理解が深まります。

先生ってどんな人?

 内山先生は、いつも丁寧に指導してくださる先生です。学生に分からない事があった場合は、その学生が理解できるまで、具体例等を用いて詳しく説明してくださいます。また、その授業で扱う内容だけでなく、関連する事柄や実務でのお話もしてくださるので、ゼミがとても面白いです。

内山 衛次(うちやま えいじ)教授関連ページへのリンク

ゼミ活動で得たもの

普段の授業や討論会を通じて、自信をもって「自分の意見を主張する力」と「チームワーク力」を確実に得ることができます。また、会社法を学び、企業に対して今までと違った観点から物事を考えることが出来るようにもなりました。この経験は石田ゼミならではの魅力だと思います。

ゼミの魅力は?

ハラスメントを受けたとき


 皆の仲が良く、和やかな雰囲気であることが魅力的です。ゼミでは学生同士で質疑応答や意見交換をする機会が多くあります。他の学生と話し合うことで、自分とは異なる様々な考え方に触れることができ、視野が広がります。質問や発言がしやすい環境にあり、積極的な議論ができます。

ゼミ活動で得たもの

 ゼミ活動では、様々な理論や説を踏まえて、あらゆる視点から一つの対象について議論することにより、物事を深く考える力が高まりました。また、文献を参考にして授業で使う資料を作成すること、自分の考えを論理的に話すことにより、他者に伝える力も向上すると考えます。

未来の後輩に一言

ハラスメントを受けたとき



 ゼミでは、先生や同じ分野に興味を持った学生たちと深い学習ができます。勉強面が充実するだけではなく、助け合える仲間ができ、学生生活がより豊かなものとなります。皆の仲が良く、楽しいながらも、真面目に真剣に勉強に取り組める内山ゼミで、学んでみませんか。