教育学部の理念・目的・教育目標

[ 編集者:教育学部・教育学研究科       2021年3月1日   更新  ]

1.教育学部の理念

 教育学部では、関西学院大学のキリスト教主義に基づく人格陶冶の理念に沿い、世界市民の自覚を持ち、“Mastery for Service”を体現する奉仕的なリーダーシップをもった「人を育てる人」を育てることを基本方針にしている。

 そしてその際、乳幼児・児童・生徒・障がいのある子どもを対象とした「子ども理解」を学部の教育研究の中心においている。「子ども理解」とは、子ども一人ひとりの〈いのち〉が唯一無二の贈与であることに深く思いを致しながら、大人との関係性において常に生成している乳幼児・児童・生徒・障がいのある子どもを全人的に理解することである。

 すなわち、子どもは一人ひとり異なるすばらしさをもっていること、様々な家庭環境や生育歴をもっていることを理解し、保育・教育現場においてそれぞれの子どもにあった指導や対応を心がけること、ひいてはどの子どもにも心を開き、子どもたちからも学ぶという姿勢を失わずに、将来、子ども一人ひとりが固有のライフミッションを発見できるように支援することが大切であると理解していること、などを意味する。

2.教育学部の目的

 「子ども理解」を教育研究の中核に据え、めざすべき「人を育てる人」の資質をより具体的に、「実践力」「教育力」「人間力」の三語で表し、これらを三位一体で形成することを学士課程上の目的とする。

 「実践力」とは、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校をはじめ、一般社会も含めた幅広い保育・教育現場で、強い情熱、子どもと響きあえる身体性、一人ひとり異なる子どもへの愛情、優れた指導力を持って、実践できる資質である。

 「教育力」とは、「教える専門家」になるために常に「学びの専門家」として研鑚を積み、学問的専門性を背景としてその分野の「知の意味」を様々な事象との連関において理解し、それを子どもたち一人ひとりに「おしえる(()しふ)」ことができる資質である。

 「人間力」とは、国際的、歴史的な視野の広さ、状況の文脈を読み取る「思慮深さ」、人権意識、しなやかな批判精神、(異文化交流を含む)豊かなコミュニケーション能力、そしてこれらの教養に基づいた総合的な判断力を持ち、それを具体的行為につなげることができる資質である。

 この3つの力を身につけることは、既存の教育現場に単に適応するというだけではなく、現場をより創造性豊かな環境にするための能力を培うことを意味しているが、これは、本学院のミッションステートメントにある「思いやりと高潔さをもった社会の変革」を志向するものでもある。

(2020年度以前入学生)教育学部の理念・目的・教育目標

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

関西学院大学教育学部では、3つの方針を掲げています。
以下のページで、3つの方針の「ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー」がご覧になれます。

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー関連ページへのリンク

教育学研究科の理念・目的・教育目標

以下のページで、教育学研究科の「理念・目的・教育目標」がご覧になれます。

理念・目的・教育目標関連ページへのリンク