教育科学コース

[ 編集者:教育学部・教育学研究科      2017年8月29日   更新  ]

理論と実践の両面から教育学を捉え、「教育とは何か」「人間とは何か」という問いに対する思考を中心に研究。

教育科学コース

教育の実際と理念を、学校・家庭・社会など広い視野から捉え直し、考察する方途を探ります。

教育科学コース


 現代では、教育についての知識は拡大し、教育の技術は常に進歩を続けています。ところが、いじめ、不登校、児童虐待、学力低下、教育格差、子どもの貧困などの問題は、減少するどころか、深刻さを増しています。どうしてこのような逆説的な事態が生ずるのでしょうか。教育科学コースでは、教育とは何だったのか、どのような教育が望ましいと考えてきたのか、自らに問いかけます。


 

学びのポイント

教育学の見地から具体的な支援を探究

教育学を土台に、教育相談と特別支援教育の知識と技術を加えて支援の在り方を探ります。

教育活動に関わる優れた実践家を養成

理論研究をふまえ、教育上の諸問題に対する支援と問題解決を図る実践家を養成します。

時代のニーズに応じた教育研究を展開

教育関係機関、学校(教育現場)と連携した研修をカリキュラムに設置します。

教育学部で取得できる免許・資格関連ページへのリンク

教育科学コース Pick up 講義関連ページへのリンク

教育科学コース カリキュラム関連ページへのリンク