初等教育コース

[ 編集者:教育学部・教育学研究科      2017年8月28日   更新  ]

乳幼児期の発達への理解をベースに、初等教育に必要な知識を体系的に学ぶ。

初等教育コース

子どもの可能性を大きく伸ばす人間性豊かな教員を養成します。

初等教育コース


 児童期の6年間は、「知・情・意」の基礎を固める大切な時期。小学生と一口にいっても、低学年の児童には幼少期の延長として、高学年の児童には思春期へ移行する青少年として、それぞれ対応や指導方法は異なります。初等教育コースでは、幼児教育コースとの連携によって、乳幼児期の発達をまず理解したうえで、初等教育に必要な知識を体系的に学びます。

学びのポイント

幼稚園から大学院まで、すべての教育機関と連携

初等教育コース


 関西学院初等部はもちろんのこと、関西学院の総合力を活用した学びを展開します。

教育法研究などで深める、得意教科の高度な知識

高度な指導方法を追究する「教育特論」の科目を設置しています。

児童の国際感覚育成のための国際プログラムが充実

関西学院の国際性を活かした「児童英語」プログラムに沿った指導を行います。

教育学部で取得できる免許・資格

教育学部で取得できる免許・資格関連ページへのリンク

初等教育コース Pick up 講義関連ページへのリンク

初等教育コース カリキュラム関連ページへのリンク