幼児教育コース

[ 編集者:教育学部・教育学研究科      2017年8月29日   更新  ]

人格形成の始まる乳幼児期を導く、高度な教育理論の習得と実践力を育成。

幼児教育コース

子どもの視点でものごとを考える理論と実践を積み重ねます。

幼児教育コース

 
 幼稚園や保育施設は、子どもにとって初めての集団生活の場であり、先生と初めて出会う場所です。そこで幼児教育コースでは、乳幼児期を人間形成の土台を築く重要な時期かつ児童期へと移行する大切な成長の段階として捉え、子どもの視点に立って、子どもの成長を見守り、援助する力と豊かな人間性を育むための学びを深めます。
 

学びのポイント

キャンパス内で理論と実践を結びつけられる学び

幼児教育コース


 キャンパス内にある教育施設で、たくさんの実習の機会を設けています。

少人数教育によるきめ細かい指導体制

 4年間を通してゼミナールを開講し、ディベートを重視した授業を展開します。

「幼・小の連携」を実現する学科共通科目

 初等教育コースの学生とともに学ぶ専門科目が充実しています。

教育学部で取得できる免許・資格関連ページへのリンク

幼児教育コース Pick up 講義関連ページへのリンク

幼児教育コース カリキュラム関連ページへのリンク