参加学生の声(新出 一葉さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年2月5日 更新 ]

新出 一葉 (Kazuha Shinde)

新出一葉 写真1

 3か月間のカナダ中期留学は今まで生きてきた中で一番早い3か月だったのではないかというくらい充実したものでした。この報告書ではこの中期留学で自分が「やってよかったな」と思うこと、そして「もっとこうしておけばよかったな」と後悔していることについて書きたいと思います。
 まずはやってよかったなと思うこと。1つ目はアクティビティに積極的に参加したことです。クイーンズ大学ではスクールアクティビティという、放課後や休日にモニター達が主催するアクティビティ、主にゲームやスポーツが毎日のようにありました。それは自由参加だったのですが、私はスクールアクティビティに毎日のように参加していました。そのおかげで日本人だけではなく、他の国から来ている留学生と仲良くなることができ、放課後も休日も毎日一緒に過ごす仲間ができました。出発前から「外国人の友達と仲良くなって英語を上達させたい」と思っていた私にとってこれはカナダでの一番の収穫だったと思います。2つ目は日本食をたくさん持って行ったことです。実際、キングストンに日本食レストランやアジアンショップはたくさんあるので日本食を口にすることはできると思います。しかし私のホストファミリーは朝、昼、晩自分で自炊してほしい(材料は自分のほしいものを全て買ってくれました)というおうちだったので日本食はとても助かったし、日本食をホストファミリーの分まで作ってあげるととても喜んでくれて仲良くなることができました。

新出一葉 写真2

 次にもっとこうしておけばよかったなと思うこと。1つ目はホストファミリーと過ごす時間をもっと作ればよかったという点です。私は向こうで仲良くなった友達ができた分、休日はほとんど家にいませんでした。ホストファミリーは本当に良い人達でなんでも私のしたいようにさせてくれるし、自分の時間を大切にさせてくれる人でした。だからこそ友達だけではなく、もっとホストファミリーと過ごせばよかったなと思います。2つ目に食事は考えて食べないとほんとうに太るということを身を持って体感しました。私はカナダでチーズにはまってしまい、毎日チーズと食べたいものを食べ続けた結果、冗談抜きで10キロ太りました。是非来年の子たち、特に女の子には気を付けてほしいです。
 最後に、英語力に関して、カナダに着いたときはネイティブの人の話す速さについていけず「yes」と返事をするのが精一杯の私でしたが、3か月過ごした今「自分から話しかけたい」と思うくらい英語に自信をつけることができました。帰国した今でもホストファミリーや留学でできた友達と連絡をとっています。決して難しいことが言えるわけではありませんが、難しいことをいかに簡単な文法にしていうかを考えることができるようになりました。
 3か月の中期留学は英語力だけでなく自立することも身につけることができ、自分の財産になったと思っています。