参加学生の声(今井 友里愛さん)

[ 編集者:人間福祉学部・人間福祉研究科 2018年2月5日 更新 ]

今井 友里愛 (Yuria Imai)

今井友里愛 写真1

 今回この留学プランで、クイーンズ大学へ留学させてくれた両親には本当に感謝しています。わたしにとってこの3ヶ月間は、人生で最も速く過ぎた中身の詰まった期間になりました。この留学は、わたしの想像していたものとは全く違ったものではありましたが、カナダのホストファミリーをはじめ、クラスの先生や側にいてくれた友人、日本にいる両親の支えのおかげで、時に悩み、後悔などもあったけれど、自分なりに努力し成長することができたように感じます。わたしが恵まれていたと感じる環境のひとつには、毎日共に過ごしたホストファミリーの人柄の良さがあります。いつも大きな笑顔でわたしを受け入れ、家族の一員として扱ってくれました。わたしの聞き取りづらいであろう英語にも、懸命に耳を傾けてくれましたし、間違いは正してくれました。わたしは心から彼らのことが好きだったので、毎日コミュニケーションを欠かしませんでした。休日にどこか出かけることも、学校のある日に夜ご飯を食べながら話したり、一緒にテレビを見たりすることも、一瞬一瞬が本当に幸せに感じました。日常の会話は、英語の勉強にも効果的だったように思います。
 ふたつめは、キングストンという街が、わたしにすごく合っていたことです。田舎で、人が暖かく、本当に景色が綺麗な街でした。バスから毎日見えるオンタリオ湖は広大で心を落ち着かせてくれる大好きな場所でした。都会にいるときに感じる、どこか窮屈でなぜか急いでいるような感覚は全くなくて、時間がゆったりと流れるような素敵な街でした。
学校生活に関しても、担当の先生達は面倒見が良くて分からないことはわかるまで指導してくれる方々でした。私たちのレベルに合わせて着実に力をつけられるようなカリキュラムだったと感じます。なによりわたしはどの先生のことも本当に大好きだったので、先生達の気持ちを勉強してその成果で返したいなと、やる気を維持することができました。クラスメイトも志の高い子達で、わたしも頑張らないと、という気にさせてくれました。
冒頭でも述べましたが、こんな貴重な機会をくれた両親に、心から感謝の気持ちを持つと共に、これで終わらせてはいけないなと感じます。英語を学習する時間、聞いたり話したりする時間は格段に減りましたが、気持ちを切らさずに、中期留学の経験をいかして勉強を続け、もっと自分の英語力向上に努めたいと思います。